安田記念 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

安田記念の出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

安田記念 出走各馬の能力分析・評価

イスラボニータ

前走の大阪杯5着はややスローの流れからの上がり比べで分が悪かった印象。それでもヌーヴォレコルトには先着した訳なのでそれなりの評価はしたい。この馬はフジキセキ産駒ということも有り、1600mへの距離短縮による上積みは期待できそう。昨年のマイルCでもモーリスを凌ぐ上がり3F33.0の末脚を繰り出して3着と、マイル適正を垣間見させた。東京コースは3歳時のジャパンCを除くと三連対を外しておらずコース適性もありそうだ。
期待度:★★★★☆4

クラレント

前走のマイラーズCは先行策から3着と善戦。マイラーズCの結果でも書いたが、それなりのラップで流れてもしぶとく伸びれるのがこの馬の良いところだと思う。東京コースは3勝を上げている得意舞台だし、すんなり前に行けた時は割と安定した戦績を上げているので、買うなら三連単・複のヒモとして買うのが賢明かと。
期待度:★★★☆☆3

コンテントメント

海外馬なのでよく分からないというのが正直な所。チャンピオンズマイルで2着とは言えモーリスに0.4秒離されている訳だし、血統を見ても日本の馬場が向くかどうか微妙な感じなので、思い切って切るのも有りかと現段階では思っている。
期待度:★★★☆☆3

サトノアラジン

前走の京王杯SCでの上がり3Fタイム32.4だけを見ると物凄く感じるが、当日10Rの1000万条件でも3着馬が32.7の時計を叩きだしているのを見ると、馬場が異常に速かったと考えられ、諸手を上げての評価は出来ない。とは言え、この馬の東京コース実績は東スポ2歳S5着を除くと三連対を外していない得意舞台。昨年のマイルCでもイスラボニータに次ぐ4着と善戦しており、地力の高さは十分。取捨選択が難しい一頭だ。
期待度:★★★★☆4

ダノンシャーク

前走マイラーズCは勝ち馬クルーガーと差のない2着。以前の記事で書いたように復調の兆しは感じていたが、この馬本来の力を出せたといった所だろう。注目したいのは昨年の毎日王冠。イスラボニータに次ぐ4着で、直線での伸び脚は同程度に見える。ここから200mの距離短縮でどうなるかだが、イスラボニータには少し劣る印象だ。
期待度:★★★☆☆3

ディサイファ

いきなりの距離短縮でマイル適性があるのかよく分からない一頭。参考に出来そうなのが昨年のエプソムCと毎日王冠。エプソムCはハイペースの中4着フルーキーに次ぐ上がり3F34.1の脚を繰り出し、2着サトノアラジンにクビ差の3着。高速時計に対応出来る事を証明した。毎日王冠では3着イスラボニータをクビ差凌ぎ2着。この二戦を見ると少しジリ脚な印象を受けた。マイル戦になると少し不利に働きそうだが地力の高さは評価したい。
期待度:★★★★☆4

フィエロ

前走マイラーズC4着は上位馬が内を通ったのに対し、この馬は大外を回しての結果。海外遠征帰りだったことも加味すると決して悪い結果ではない。それに前哨戦がイマイチな結果でも本番でパフォーマンスを上げてくるのがこの馬。重賞未勝利でGⅠ2着2回という実績が全てを物語っている。完全なる善戦マンと化しているので、1着は無くとも2・3着なら十分ありえるだろう。
期待度:★★★★☆4

モーリス

昨年以降負け知らずの年度代表馬。海外遠征帰りという事以外不安要素が見当たらない。残るは初対戦となるリアルスティールとの力比べでどうかと言った所。人気はするだろうが買い目から外すことは到底出来そうもない。
期待度:★★★★★5

リアルスティール

同じく遠征帰り。モーリスに土を付けるとしたらこの馬だろうか。ドバイターフを制し念願のGⅠ制覇となった訳で実力は申し分無し。あとは初のマイル戦がどうかと言う事だけ。全兄ラングレーがマイル戦線で結果を出し始めているので血統的には心配は無用な気もする。前走の中山記念を見ると少しエンジンの掛かりが遅いタイプにも見えるが、これが東京マイルに変わりどうなるか、判断が難しい。
期待度:★★★★★5

レッドアリオン

正直見るまでも無く切りの一頭なのだが一応。前走マイラーズC14着は失速の仕方があまりにも酷かったので度外視するにしても、前々走の小倉大賞典7着も直線一瞬先頭に立つもあっさり抜かれて終了という見所の無い内容。直近で好走しているのは去年の関屋記念まで遡る。逃げて直線で伸び返すという強い内容に見えるがメンバーを考えると評価はし難い。この馬を買うならクラレントを買ったほうが賢明だろう。
期待度:★☆☆☆☆1

ロゴタイプ

言わずと知れた中山専用機。そう考えると今回は出番が無さそうだが、同じコースである昨年の富士Sではサトノアラジンから0.2秒差の3着。健闘したとは思うが上位二頭とは少し差を感じる内容であった。そして中山1600mが舞台のダービー卿CTではサトノアラジンに0.2秒先着しての2着と力の衰えはまだまだ感じない。展開次第では上位入選もあるかも。
期待度:★★★☆☆3

ロサギガンティア

本格化した感じだが、前走の京王杯SCを見る限りはサトノアラジン以下という印象しか受けない。休み明けが不振なタイプでもないのでそのままの評価をしたい。1400mで開花した印象なので200mの距離延長もどこか不安。加えてフジキセキ産駒は1400mというイメージもあり、少し食指が動かない。
期待度:★★★☆☆3
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE