ヴィクトリアマイル 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

ヴィクトリアマイルの出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

ヴィクトリアマイル 出走各馬の能力分析・評価

ウインプリメーラ

前走の阪神牝馬S3着は上位二頭に比べるとやはり見劣りする。2走前の京都牝馬S3着も同様。京都金杯1着も先行策が功を奏した感じで、他の出走馬のその後の戦績を見ると安易に評価はしがたい。去年からの比較で言えば確実に力をつけた印象ではあるが、GⅠの舞台である今回は展開にハマらない限り馬券に絡むのは難しそう。良くてヒモまで。
期待度:★★★☆☆3

スマートレイアー

近二走で逃げの競馬をモノにした感じなのが好印象。前走の阪神牝馬Sはミッキークイーンの猛追をクビ差凌いでの勝利。比較が難しいが同等の力はあると考えて良さそう。2走前の東京新聞杯1着はスタートからラストまで完璧な内容で着差通りの評価をしたい。ヴィクトリアマイルは2年連続で着外だったが、マイル戦3連勝中と本格化の兆しを見せつつある今、東京新聞杯のようなレースが出来れば優勝もあり得る。
期待度:★★★★★5

シャルール

前走の福島牝馬S2着は中だるみのラップで前残りの展開となり僅か届かなかっただけなので十分評価出来る。2走前の1600万下条件初音Sでは好位付けからの競馬で上がり最速33.6の脚を繰り出し0.3差付けての勝利。タイムも優秀で強い内容だたと思う。1600mへの距離短縮がどうかの判断は難しいが、まだ底を見せていない感じなので勝機は十分ありそう。
期待度:★★★★★5

ウリウリ

2走前の京都牝馬Sは5着。上位三頭との実力差は明白だった。3走前の阪神C5着も内を通ったせいかも知れないがイマイチ伸びず、上位馬と比べると完全に見劣りする内容だった。戦績を見る限りは1400m以下の方が向いていそうだし、200mの距離延長がプラスに働くとは考えにくい。前走の高松宮記念を見てもそこまで切れる脚は無さそうだ。
期待度:★★☆☆☆2

レッドリヴェール

前走の阪神牝馬S12着は最後方からの競馬をしておきながら直線全く伸びずと見所が皆無。この1戦だけで切ってもいいぐらいだが、昨年のヴィクトリアマイルで4着と好走しているのでそれを振り返る。結論を言うと完全なる前残りの展開で、先行策を取っていたこの馬はその恩恵にあやかって上位入着できたというもの。コース適性うんぬん以前の問題で完全に力不足。
期待度:★☆☆☆☆1

マジックタイム

前走のダービー卿CTはしぶとい末脚を見せロゴタイプをクビ差凌ぎ勝利。ロスのないインコースを楽に通れたとは言え強い内容に思える。2走前の京都牝馬S2着も勝ちに等しい内容。どちらもハンデに恵まれているので多少の割引は必要だがタイムは優秀だし地力の高さは覗える。そしてトップスピードに乗るまで時間が掛かる印象なので、直線の長い東京コースは向きそうだ。東京1600mでの戦績は2-2-0-1と実績の裏付けもあり、勢いに乗ってGⅠ制覇してもおかしくない。
期待度:★★★★☆4

ルージュバック

前走の中山牝馬Sは勝ち馬シュンドルボンにタイム差無しの2着。2kgのハンデ差があったのだから逆転の可能性は十分。キャリアが浅く1600m戦は桜花賞9着のみと、適正うんぬんの評価が難しい。3走前のエリ女は4着だったが1~8着くらいまではそこまで差がない印象を受ける。展開一つで勝ち負けが変わりそうで、実力拮抗している中の一頭だと思う。
期待度:★★★★☆4

メイショウマンボ

もはや過去のレースを見返すことすら面倒な一頭。2年以上勝ち星がなく、ほとんどが二桁着順というのが全てを物語っている。迷わず消し。
期待度:★☆☆☆☆1

カフェブリリアント

前走の阪神牝馬S4着は悪くなかったがウインプリメーラ以下かな?という評価しか出来ない。昨年のヴィクトリアマイルは5着だったものの、前残りの展開だったことを考慮すると2着くらいの内容。3走前の府中牝馬Sも大外一気の末脚は見せ場十分だった。(今はほぼ別馬であるが)スマートレイアーにタイム差無しの3着なのだからそれなりの評価はしたい。
期待度:★★★☆☆3

ミッキークイーン

前走の阪神牝馬S2着はダントツの上がり最速33.3の脚を繰り出しクビ差届かずの結果、あと200mあれば余裕で届いていただろう。3走前の秋華賞はクイーンズリングに差を詰められつつも危なげない勝利、2走前のジャパンCは8着だったが勝ち馬から0.3差と着順ほどは負けていない。安定感は出走馬の中No.1ではなかろうか。
期待度:★★★★★5

レッツゴードンキ

昨年度の桜花賞馬なので侮れないが、近走の戦績はイマイチ。2・3走前の阪急杯・マイルCSは前での競馬でよく粘っているようにも見えるが共に6着。内容は悪くないように思えるが結果は結果、上位馬との力差はあったと見て良いと思う。問題は東京1600mに変わりどれだけの上積みが見込めるかだが、上位人気馬との差を逆転するだけの適正があるかは疑問である。
期待度:★★★☆☆3

クイーンズリング

前走の京都牝馬Sは力のいる馬場の中、力強く伸びて見事勝利。2着マジックタイムよりハンデが2kg重かったことを考慮すると、着差以上の強い内容だったとも考えられる。距離が違いすぎるのであまり参考に出来ないが、2走前のエリ女8着も0.3差で着順ほどは負けておらず、馬群を抜け出すのに手間取い、追い出しが遅れたようにも見えるので着順以上の評価はしたい。
期待度:★★★★☆4

ストレイトガール

なんと言っても昨年度の優勝馬、適正は問題無い。気掛かりなのは前走の阪神牝馬S9着。遠征帰りのせいもあったのかも知れないが、あまりにも見せ場がない。コレをピークを過ぎたと取るか本調子じゃなかったと取るかによって大きく変わってくる。判断に迷う一頭。
期待度:★★★★☆4

ウキヨノカゼ

戦績を見る限りはスプリンターかと。前走の高松宮記念13着は直線もの凄い脚で追い上げるも途中で進路がなくなり大失速しての結果、着順ほど悪くはない。3走前のスプリンターズSも上がり最速32.8の脚を繰り出し3着と切れる脚は持っている。2走前の京都牝馬S15着は重馬場で持ち味を失った&大外回してロスが大き過ぎての結果だから度外視してよさそう。展開がハマれば面白い一頭。
期待度:★★★☆☆3

ショウナンパンドラ

出走馬の中で実力No.1はこの馬ではないかと思う。ただしそれは2000~2400mではの話。3走前の天皇賞秋は4着に終わったが、馬群を割って抜け出すのに時間がかかっての結果。それで上がり最速タイ33.4の脚を繰り出しているのだから勝ちに等しいと思う。そして前走の大阪杯3着はスローの上がり比べでの結果。上位二頭は先行した馬だし、ラブリーデイには1馬身以上の差を付けて先着したことを考えるとかなり強いのではないかと思う。そして今回は実績の無い1600mが舞台。判断が難しい。
期待度:★★★★☆4

シュンドルボン

前走の中山牝馬Sではルージュバックをクビ差凌ぎ勝利しているがハンデで2kgのアドバンテージがあっての結果、安易に評価することは出来ない。2走前の愛知杯8着は前総崩れの中よく粘ったと思う。地力の高さはあると思うが久々の1600m戦、距離短縮がプラスに働くとは思わないが侮れない存在である。
期待度:★★★★☆4

トーセンビクトリー

前走1600万条件の難波Sはハイペースの展開を見事制しての勝利。稍重で1:46.6は1600万条件ではなかなかではないかと。そして3走前の秋華賞はじわじわ伸びてはいるものの上位二頭との力差は明らかであった。これと言った持ち味も無さそうなので軽視してよさそうだ。
期待度:★★☆☆☆2

ショウナンアデラ

2年前の阪神JF以来約1年半振りの実戦、正直判断に困る。キャリア4戦ながら3-1-0-0と穴がないが2歳馬と考えればいくらでもそんな馬はいる訳で・・・。順調に成長したと考えるとレッツゴードンキ以上のパフォーマンスを示しても驚かないが、走ってみてドンケツでも驚かない。取捨選択が難しすぎる一頭。
期待度:★★★☆☆3
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE