天皇賞春 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

天皇賞春の出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

天皇賞春 出走各馬の能力分析・評価

キタサンブラック

昨年の菊花賞優勝馬。リアルスティールを負かしている事から長距離適正・地力の高さ共に申し分なさそう。近二走続けて逃げの競馬で結果を残しており、これは大きな収穫だと思う。特に前走大阪杯はアンビシャスにクビ差2着だったものの2kgのハンデ差があってのもので強い競馬をしたと言える。実力上位の一角。
期待度:★★★★☆4

トゥインクル

ステイヤーズS3着、ダイヤモンドS1着と長距離適性は十分。しかし、圧勝したダイヤモンドSは早めの仕掛けが功を奏しただけで、ステイヤーズSはアルバートに0.9秒も離されての3着なのであまり評価は出来ない。適性だけでどうにかなるレースではないと思うので消しの一頭だろう。
期待度:★★☆☆☆2

カレンミロティック

ペースを作るのはこの馬かキタサンブラックだろう。昨年3着でラストインパクトやラブリーデイ、サウンズオブアースに先着していることからレース適性はあると言えそう。近二走は力負けしている感は否めないが、一発あるかも知れない面白い一頭。
期待度:★★★☆☆3

トーセンレーヴ

前走京都記念の敗因はおそらく重馬場で伸び脚を欠いたため。重・不良馬場での戦績は0-0-0-3と全く振るっていない。血統的に長距離はどうだろうと正直疑問だが、キタサンブラックみたいな事もあるしフラットな目で見ておきたい。一転、有馬記念はでは上がり最速34.4の脚で見せ場十分の6着。まだ実力を測りかねるが一撃あってもおかしくない一頭。
期待度:★★★☆☆3

フェイムゲーム

2年連続ダイヤモンドS優勝、昨年の天皇賞春2着と長距離適性No.1なのはこの馬だろう。前走ダイヤモンドSではトゥインクルに0.7差付けられたものの、仕掛けが遅れた&ペース展開が不利だった上での結果なので十分評価出来る。ゴールドシップがいなくなった今、この馬の天下になってもおかしくない。
期待度:★★★★☆4

アドマイヤデウス

前走阪神大賞典は直線でカレンミロティックにコースを塞がれての3着、評価は下げない。前々走京都記念3着はスローペースで前が止まらなかっただけ、評価は下げない。3走前の有馬記念は馬群に包まれながらも力を出し切り7着、着順通りの評価で良さそう。昨年の天皇賞春では見せ場無しの15着、これだけでは評価は難しい。血統的には長距離は大丈夫そうだけど、取捨選択が難しい一頭。
期待度:★★★☆☆3

ファタモルガーナ

2014年ステイヤーズS2着、2015年ダイヤモンドS2着、そして今年のダイヤモンドS3着と長距離実績は十分。だが長距離戦線だけで結果を残していても正直あまり評価は出来ない。相手関係が一気に強化される今回は出番なしかもしれない。前走ダイヤモンドS3着では良い脚を見せたが、この馬を買うなら上位二頭を買った方が賢明だと思う。
期待度:★★☆☆☆2

シュヴァルグラン

前走阪神大賞典は大外を回して余裕の勝利、距離に問題がない事を示した。前々走の日経新春杯はレーヴミストラルに0.3差つけられての2着だが、追い込みに徹したレーヴミストラルに展開が向いたとも見れる。
期待度:★★★★★5

トーホウジャッカル

前走阪神大賞典は正直良い所がなく、昨年の宝塚記念4着馬とは思えない内容。他のレースを見てもコレと言ったモノがないので消しの一頭。
期待度:★★☆☆☆2

アルバート

前走日経賞4着を見る限り、上位三頭とは力の差を感じてしまう。有馬記念11着も同様の感想で上位との力差は明白。ステイヤーズSで見せた長距離適性がこの舞台で通用するかは疑問だ。
期待度:★★★☆☆3

タンタアレグリア

前走阪神大賞典2着は3着アドマイヤデウスの進路が狭まってのごっつぁんゴールだと思うのでそこまで評価しない。割と安定した戦績ではあるが、相手関係が一気に強化される今回はおそらく出番はないだろう。
期待度:★★☆☆☆2

ヤマニンボワラクテ

前走福島民報杯でシャイニープリンスに0.5も差を付けられての3着。これだけで切るには十分な材料である。他のレースも上位に食い込んではいるものの評価するに値しないと言うのが正直な感想。
期待度:★☆☆☆☆1

マイネルメダリスト

戦績・レース内容ともに何も買う要素が見当たらない。この馬を買うなら他の長距離戦線馬を買ったほうが良いだろう。消しの一頭。
期待度:★☆☆☆☆1

サトノノブレス

昨年のアル共でゴールドアクターから0.6差の4着なので、それ以下の評価しか出来ない。前走中日新聞杯も接戦を制してのもの。正直あのメンバーなら圧勝してくれないと今回のメンバーでは厳しいだろう。
期待度:★★☆☆☆2

サウンズオブアース

地力の高さは示すものの未だ重賞未勝利2着6回という可哀想な戦績。前走日経賞は2kgのハンデ差があったのに2着に屈するという、わずかでも力差がある事を認めざるをえない内容だった。昨年の天皇賞春は完全なる力負けで9着に終わったが、1年経っての今回、巻き返しは十分ありえる。
期待度:★★★★☆4

ファントムライト

オペラハウス産駒というのが少し怖い、以上。OP・GⅢで勝ち切れない馬がこの舞台で通用するわけがないと言うのが正直な感想。掲示板に載るのですら万馬券級の快挙じゃなかろうか。
期待度:★☆☆☆☆1

ゴールドアクター

距離適性と外枠を引いたこと以外穴が見当たらない。前走日経賞は2kgのハンデ差を跳ねのけての見事な勝利だったし、有馬記念での激走は言わずもがな。好位付けから競馬出来るのも魅力である。極端なハイペースで前が総崩れにならない限り三連対を外すことは無さそうだ。
期待度:★★★★★5

レーヴミストラル

一番どう評価したいいいのかわからないのがこの馬、しかも大外枠という。前走京都記念12着という凡走は重馬場で伸び脚を欠いたせいにするとして、前々走日経新春杯で見せた上がり最速33.1の脚は見事の一言。あの脚が炸裂すれば優勝もあると思っている。昨年のアル共でゴールドアクターから0.4差の3着だったのを物差しとするにも、このレースも重馬場だったため一体何を信じればいいのか、非常に悩ましい。
期待度:★★★★☆4
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE