【競馬】天皇賞(秋)2016の出走馬全頭評価

天皇賞(秋)の出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析・評価を行っていきます。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

天皇賞(秋) 出走各馬の能力分析・評価

エイシンヒカリ

海外GⅠ二連勝で一躍日本が世界に誇る名馬となった印象。絶好枠を引いた印象ではあるが、前走プリンスオブウェールズSで惨敗したり、昨年の天皇賞(秋)でも9着だったりと、時々やる凡走が少し心配な馬。しかもその原因がイマイチはっきりしないため、余計に信用しづらくなってしまうのが正直な意見。地力上位なのは間違いないのだろうが、印を打つのをここまで悩まさせられる馬も珍しい。
期待度:★★★★☆4

クラレント

前走の毎日王冠でも印を打ったが敢え無く惨敗(10着)。直線では全く伸びず見せ場はなかったので軽視するのが普通だとは思うが、現役屈指のサウスポーであることを以前も語ったように、左回りならいつでも激走するチャンスはあると思っている。昨年度の本レースでは果敢に逃げを打って勝ち馬ラブリーデイから0.4秒差6着と、同じく逃げたエイシンヒカリ(9着)に先着しているので、展開次第では一発あるんじゃないかと期待している。
期待度:★★☆☆☆2

アンビシャス

今年に入って重賞4戦で(1-2-0-1)の充実ぶり。唯一の着外である宝塚記念(16着)は典さんのヤラずが発動したと考えて度外視できるし、春の二戦ではキタサンブラックやドゥラメンテと互角の勝負をした事からも地力の高さは申し分無く、2000mの距離も問題無いことは実証済み。前走の毎日王冠ではルージュバックにクビ差屈したものの、今回はハンデ差が1kg縮まるので逆転は十分可能。本命候補の一頭と考えて良いだろう。
期待度:★★★★★5

サトノクラウン

前走の宝塚記念は6着だったが、4着ラブリーデイから0.5秒も離されており、あまり評価しづらいと言うのが正直な所。今年初戦の京都記念は3馬身差の圧勝だがメンバーを見るとどうにも低レベルだし、昨年度の天秋では17着と、コース適性にも若干の不安がある。
鞍上が岩田から福永に変わるので多少の上積みは期待できそうだが、今回の豪華メンバー相手では少々地力不足ではないかと思ってしまう。
期待度:★★★☆☆3

ロゴタイプ

前走の毎日王冠(8着)は直線で一瞬先頭に立ちかけたものの特に見所なし。前々走の安田記念は展開利あっての棚ぼた勝利だし、春の中山記念ではアンビシャスやリアルスティールに力の差を見せつけられた印象である。
この馬はマイルを走ってなんぼの馬だと思うので、舞台が2000mという時点で切ってしまいたくなる。
期待度:★★☆☆☆2

アドマイヤデウス

前走の京都大賞典で2着に食い込んできたのには驚いたが、どうにもフロックに見えて仕方がない。加えて2000mの距離適性にも疑問があり、2,3歳時にはOP戦以下で勝利しているが、GⅠに舞台を移すと二戦してどちらも9着。他の距離でもGⅠでは掲示板に載ったことすら無いという実績からも重い印は打ちづらい存在である。
期待度:★★★☆☆3

サトノノブレス

鳴尾記念ではステファノスをクビ差凌いでのレコード勝ち、前走オールカマーではゴールドアクターにクビ差の2着と、一線級の馬を相手に互角に戦える力を示した。去年の金鯱賞以降は重賞を7戦して(2-1-2-2)と充実の内容で、連を外した二戦は共にGⅠという点が少し不安に映るが、どちらも和田竜二騎乗のもの。シュタルケに乗り替わりとなる今回は更なる上積みがあってもおかしくないかも知れない。
期待度:★★★★☆4

モーリス

海外GⅠ制覇後は国内二戦で2着2回と勝てていないが、どちらも展開の綾があっての結果。内容的には勝ちに等しいレベルなので評価を下げる必要は無いだろう。そして若干の距離不安は解消し切れていない気がするのも不安の一つ。スクリーンヒーロー産駒自体が2000m以上より2000m以下での戦績のほうが優秀な傾向にあり、ゴールドアクターを除くとその傾向は尚更顕著になる。
適正云々の問題は地力の高さでなんとかしそうな気はするが、近二走のように展開次第では付け入る隙はあるかも知れない。
期待度:★★★★★5

ルージュバック

東京コースの二戦で能力が開花した印象を受ける馬。勢いで言えばこの馬がナンバーワンだろう。しかしその内容を見てみると、前走の毎日王冠はアンビシャスにハンデ差3kgのアドバンテージを貰ってのクビ差勝利、前々走エプソムCはフルーキーに2馬身差以上付けての快勝だったが、同日同条件の500万下条件戦と勝ちタイムがそれほど差がなく、レースレベルの高さに少々疑問が残るもの。四走前の中山牝馬Sではシュンドルボン相手にクビ差競り負けたりと穴も目立つ馬なので、過剰人気するならあまり積極的には買いたくない一頭ではある。
期待度:★★★★☆4

カムフィー

前走メイSは9着。OP戦を取りこぼしている、しかも内容的にも全く評価できない時点で上位入着は絶望的と考えて良いだろう。戦績を見ても生粋のステイヤー。ステイヤーズSやダイヤモンドSで馬券に絡んだが、中距離戦線においては条件戦すら勝ち上がれていないようでは話にならない。
何故出走してきたのか(出来たのか)理解出来ない一頭。
期待度:★☆☆☆☆1

ヒストリカル

前走の毎日王冠3着は脚質・距離・馬場適性・展開がバチッと噛み合った結果と思われ、さすがに今回もそうなるとは思えない。もともと脚質的に信頼度が低い馬だと思うし、買っても三連系のヒモまでだろう。
期待度:★★☆☆☆2

リアルスティール

前走の安田記念は11着惨敗だったが、初のマイル戦であった&1800~2400mぐらいがベストの条件である可能性が高いので、度外視していいと思っている(直線半ばでの急な失速も不可解だった)。ただ、今までに二回だけ馬券圏内を外しているが、それがどちらも東京コースであることは多少引っかかる。3歳時には共同通信杯(東京・1800m)でドゥラメンテを下しているので大丈夫な気もするが、不安要素の一つであることは否定出来ない。
この馬が宝塚記念に出て、アンビシャスが安田記念に出た方が良かったんじゃないかと今でも思っている。
期待度:★★★★☆4

ヤマカツエース

鳴尾記念・京都記念でサトノノブレス・サトノクラウンに負けており、今年5戦して1勝(中山金杯)着外4回という戦績からも役不足感は否めない。宝塚記念でもまるで見せ場がなかったし、馬券圏内に食い込むのは至難の業かと思われる。
期待度:★★☆☆☆2

ステファノス

昨年度2着とコース適性は申し分なさそう。前走の毎日王冠は5着と振るわなかったが、昨年も毎日王冠7着から本番では2着と、叩き二走目の戦績は悪くなく、一戦叩いての上積みは十分期待出来そうだ。宝塚記念でも5着と、4着ラブリーデイには少し離されたが地力の高さは示したと言えるだろう。穴人気しそうな一頭ではあるが、買い目には入れておくのが賢明かと思われる。
期待度:★★★★☆4

ラブリーデイ

昨年のジャパンC以降は6戦して全て掲示板を確保しているものの勝ち星は無しと、もう一息のレース続き。ピークを過ぎた感は否めないので、頭では狙いにくいが馬券に絡む可能性は高いのではなかろうか。宝塚記念も4着と、今回の出走馬の中では最先着と地力上位であることは間違いなく、今回人気を下げるようであればオイシイ一頭であるかも知れない。
期待度:★★★★☆4

keiba-baner

[PR]競馬データベース【KLAN】は便利!

管理人も使っている『競馬データベース【KLAN】』をオススメしたいと思います。


とりあえず【KLAN】の内容を簡単に紹介すると、
1.独自のデータを含む競馬情報が無料!
2.膨大なデータから必要なものだけカスタマイズ!
3.予想印と予想メモが残せる機能で予想力アップ!
4.直接IPATでの馬券購入が可能に!予想から馬券までをフルサポート!

といった感じです。

『競馬場コースデータ』と『競走馬データ』が使える!

『競馬場コースデータ』と言うのはこんな感じ→京都・芝2000m(内)コースデータ
このページで過去5年の、枠番、脚質、単勝人気、種牡馬、騎手、調教師別の勝率や連対率、単・複回収値のデータを見ることが出来、予想に役立てています。個人的には種牡馬データを重視しています(^^)
また、レース条件別の平均ラップ構成も分かるので、予想にはあまり利用しませんが、レース回顧をする際には役に立つのではないかと思います。

そして『競走馬データ』はこんな感じ→ジュエラーの競走馬データ
この中で[レース条件別][コース条件別]の2項目を私はよく利用しています。
[レース条件別]では馬場状態や休み明けの成績が見ることが出来て非常に便利。
[コース条件別]では競馬場、距離、右・左回り、直線の坂の有無等の条件別での成績が見れてこれも役立ちます。

最終的に私が登録しようと決めたのは、予想印と予想メモを残せる機能があったから。
ブログをやっていることもあって、自分の予想を公開する時に便利だなと感じて【KLAN】に登録することを決めました。
ブログしていない人でも過去の予想を見返すのに便利だと思うので、無料登録しておいても損はないと思いますよ。

▼興味がある方は今すぐ無料登録!▼


コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE