優駿牝馬(オークス) 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

優駿牝馬(オークス)の出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

オークス 出走各馬の能力分析・評価

フロムマイハート

前走スイートピーSはスローの上がり比べで最後クビ差かわされ2着。力の差はそれほど感じない。前々走の忘れな草賞もスローの展開、中団やや後方からの競馬をし展開が向かなかった結果6着止まり。上がり3Fタイムも普通だし特別切れる脚は持っていない模様。先行すればそれなりに粘れるタイプに見えるが、好走しているレースはどれもスローな流れ。展開が向かなかったら即終わりな気もする。
期待度:★★★☆☆3

アウェイク

前走フローラS3着はハイペースで前に行った馬が総崩れの中ベストなポジションで競馬出来たというのも大きいが、それなりに力はあるかと思う。前々走フリージア賞は全く見所なしの8着だったが、慣れない先行策で持ち味を活かせなかったと考えると度外視できるかも知れない。
期待度:★★★☆☆3

シンハライト

前走の桜花賞2着は勝ちに等しい内容。3着以下とは着差以上に大きそうだった。問題は初の2400mだが、血統的には問題ないかと。オークストライアル組との比較が難しいが、実力最上位は間違いなさそうだ。
期待度:★★★★★5

アットザシーサイド

前走の桜花賞3着では力を見せてくれたが、シンハライトよりは一枚二枚下手に思えてしまう。血統的にも2400mへの対応は疑問が残るし、地力の高さはあるが思い切って切るのも有りかも知れない。
期待度:★★★★☆4

ペプチドサプル

前走の矢車賞はスローの流れを制し1着。タイムはごく平凡といった所か。前々走の忘れな草賞も超スロー。それを逃げたロッテンマイヤーとの差を詰めての2着だから悪くない。そして3走前のアネモネS。インコースを通ったが直線で前が詰まって進路を外に変えたため追い出すのが遅れている。それで勝ち馬のチェッキーノから0.2差の3着なのだからそれなりの評価は出来ると思う。
期待度:★★★★☆4

アドマイヤリード

前走の桜花賞ではジュエラーに次ぐ上がり33.2の脚を繰り出し5着。展開さえハマればそれなりに切れる脚は持っているようだ。桜花賞直行組なのでトライアル組との比較が難しい。ステイゴールド産駒なので距離延長はプラスに働きそうだが、血統だけで判断するのもアレなので評価が難しい。
期待度:★★★☆☆3

ゲッカコウ

前走フローラSは後方からの競馬で8着止まり。末脚の切れ味的にもこの馬を買うならビッシュを買ったほうが賢明かと。2400mへの距離延長はロージズインメイ産駒ということを考えるとマイナスかと思われる。前々走フラワーカップ2着もメンバーを考えると勝っていないと今回のメンバー相手では厳しい気がする。
期待度:★★☆☆☆2

デンコウアンジュ

前走の桜花賞10着はインを突いたが前が完全に壁となったため参考外としてもいいかも知れないが、前々走のチューリップ賞5着は明らかな力負けに映った。普通に考えると逆転は難しそうだが、残るは距離・コース適性。父メイショウサムソン・母父マリエンバードという渋過ぎる血統で、2400mへの距離延長はプラスだと思うし東京コースも大丈夫そう。東京1600mのアルテミスSでメジャーエンブレムを負かしているくらいだし一発あるかも知れない。
期待度:★★★★☆4

ウインファビラス

近二走の桜花賞・チューリップ賞を見る限りは完全に力不足。残るはコース適正だが、父ステイゴールドはいいが、母父アドマイヤコジーンというのが距離延長に不安を感じる。逆転の可能性は低いと思われる。
期待度:★★☆☆☆2

ダンツペンダント

キャリア4戦ながら芝戦は前走のみ。その牝馬限定500万下はスローの展開を逃げ切り勝ち、これだけでは何とも言えない。今回も楽に逃げることが出来ればあわやの展開もあるかも知れないが、他に逃げ馬もいるしそう上手くはいかないだろう。オレハマッテルゼ産駒なので2400mは長過ぎると思われ、消しても問題無さそう。
期待度:★★☆☆☆2

エンジェルフェイス

逃げ馬。展開の鍵を握るのはおそらくこの馬だろう。前走フラワーカップは楽なペースでの逃げ切り勝ち。タイムは平凡なのでそこまで評価は出来ない。キャリア4戦と浅いので評価が難しいが、まぁそこそこ程度かと思われる。
期待度:★★★☆☆3

フロンテアクイーン

前走フローラSでは前に行った馬の中では唯一上位入選の4着、地力の高さは示した。メイショウサムソン産駒なので2400mへの距離延長は歓迎だと思われ上積みはありそう。戦績も未勝利戦を勝ち上がって以降は崩れておらず今回も善戦する可能性は高いかと。
期待度:★★★★☆4

チェッキーノ

キャリア4戦3勝2着1回とほぼ穴なし。加えて前走フローラSは3馬身ちぎっての圧勝と一躍優勝候補に名乗りを上げた印象である。キンカメ産駒なので2400mも問題なくこなせそう。シンハライト相手にどこまで戦えるか見ものである。
期待度:★★★★★5

ビッシュ

前走フローラSは上がり最速タイ34.6の脚を繰り出すも、ポジションが後ろ過ぎたせいもあり5着止まり。ペースを考えればもう少しキレを見せてくれてもよい気はするが見せ場は十分だった。父ディープインパクト×母父Acatenangoの血統はワールドエースなどがおり、この馬もそれなりのパフォーマンスを示してもおかしくない。
期待度:★★★★☆4

レッドアヴァンセ

前走の桜花賞7着は十分力を出し切っての結果。今回逆転する可能性は低そう。ディープ産駒の割に切れ味に劣る印象なので今回も出番なしではなかろうか。
期待度:★★☆☆☆2

ジェラシー

前走スイートピーSはスローの上がり比べ勝負を制してのもの。一度かわされかけて伸び返した勝負根性は評価出来る。前々走のミモザ賞2着も前有利の展開の中、勝ち馬パールコードに1と1/4馬身差まで追い上げており、それなりの評価をしたい。今回はこれまで2勝を上げている東京コースが舞台だが、ハービンジャー産駒の好走率が高いのは2000mまでというデータもあるので2400mの今回は厳しいかも。
期待度:★★★☆☆3

ロッテンマイヤー

これまで逃げた時は2戦2勝。逃げを打たなかったクイーンCは1着メジャーエンブレムは別格として、2着フロンテアクイーンに1/2馬身差の3着。逃げなかったことで持ち味を失ったかもしれないことを考えると悪い結果ではない。クロフネ産駒なので2400mは厳しそうだが、2000mで勝てたのなら今回も対応できるかも知れない。
期待度:★★★★☆4

ダイワドレッサー

前走クイーンC4着はどう贔屓目に見ても上位三頭には劣る印象。ネオユニ産駒なので距離延長はプラスだろうが東京コースは正直微妙。トップスピードはそこまでだと思うので直線の長い今回は厳しいと思われる。
期待度:★★★☆☆3
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE