新潟大賞典 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

新潟大賞典の出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

新潟大賞典 出走各馬の能力分析・評価

サトノギャラント

前走の中山記念8着は上位馬との実力差は明白。4着フルーキーがいい物差しになりそうだ。2走前の東京新聞杯11着も明らかな力負け。メンバーを考えると上位入選していても物足りないくらいで、今回の距離延長が大きなプラスとなることも考えづらい。消しの一頭。
期待度:★☆☆☆☆1

ヒストリカル

前走の中日新聞杯9着はスローの展開に泣いただけ。そんな中、上がり最速33.8の脚で0.3差まで追い上げており十分評価出来る。同様に展開が向かなかった6着クルーガーはその後マイラーズCを勝っているし、この馬も今回十分勝ち負けはあり得る。2走前の京都記念も同様のイメージ。7歳になって本格化した可能性もある。
期待度:★★★★★5

フルーキー

前走の中山記念4着は上位三頭が強すぎた。それと差のない上がり34.2の脚で食い下がったのは十分評価出来る。2走前の中山金杯も前有利の展開で3着。メンバーを考えると勝ち切りたかった所だが十分。そして3走前のチャレンジC、イン強襲で圧勝とも言える内容だが、外を回した2着ヒストリカルとの比較が難しい。
期待度:★★★★★5

アングライフェン

前走の中日新聞杯は12着だったもののスローの上がり比べでの結果で0.3差だからそこまで悪くない。2走前のアメジストSでは好位付けから直線長く良い脚を見せ快勝。1600万下戦ではあるが侮れない。
期待度:★★★★☆4

サトノラーゼン

3歳時にはリアルスティールに先着したこともある実力馬。前走AJCCは休み明けの影響か10着と凡走。今回も休み明けということを考えると正直不安である。新潟コースは向かないとは思わないがそれだけで大きな上積みがあるとは思えない。判断が難しい一頭。
期待度:★★★☆☆3

マイネルミラノ

前走の福島民報杯は前有利の展開で6着止まり。2走前のチャレンジCは淀みないラップで流れ、楽な展開ではなかったが8着。正直どちらもイマイチとしか言えない。ただ今回これと言った逃げ馬がいないので、展開がハマれば一発もあり得るかも。
期待度:★★☆☆☆2

メイショウナルト

昔は逃げ一辺倒のイメージだったけど、いつの間にか普通の先行馬に変わった様子。スタート後のダッシュすらきかなくなったと思えなくもない。近二走は勝ち馬から2秒以上離されており衰えを感じざるをえない。消して問題無いだろう。
期待度:★☆☆☆☆1

バロンドゥフォール

追い込み脚質なのに肝心の末脚が大したことないからどうしようもない印象。無理に良い所を探すなら4走前の福島記念。重馬場の中、上がり2位の37.5の脚で7着。やはり微妙である。同レースでマイネルミラノに先着されているし、その程度の評価しかできない。
期待度:★☆☆☆☆1

パッションダンス

謎のダート転向から今回芝に復帰。新潟2000mでは2勝上げており適性はある模様。ただその時のメンバーは正直強いとは言えず恵まれただけの印象。3走前の金鯱賞7着も力不足感は否めなかった。それらを補うだけのコース適性があるとも思えず、良くてヒモまで。
期待度:★★★☆☆3

ロンギングダンサー

この馬も新潟2000mでの好走が目立つ馬。5走前の新潟記念は上がり最速タイ33.9の脚を見せるも勝ち馬パッションダンスから0.6差の4着。まぁその程度ということか。前走の中日新聞杯も前有利の展開で逃げたのに粘れず0.4差の15着と評価は出来ない内容。適性だけではどうにもならないだろう。
期待度:★★☆☆☆2

ショウナンバッハ

前走の中日新聞杯はヒストリカルに次ぐ上がり2位33.9の脚で0.3差まで追い上げての11着。決して悪い内容ではない。2走前の京都記念14着はスロー&重馬場で持ち味の末脚が活かせない状況だったので参考外。3走前のAJCCは上がり最速34.5の末脚で3着と十分な内容。追い込み一辺倒なのは不安だが、不利な展開にならなければ十分上位入選は狙える馬だと思う。
期待度:★★★★☆4

シャイニープリンス

前走の福島民報杯は前有利の展開であったとは思うが、3馬身突き離しての勝利は見事。ただメンバーがメンバーなので過大評価は出来ない。これまで1600mを中心に使われてきたが、加齢に伴い適正に変化があってもおかしくないとは考えられる。
期待度:★★★☆☆3

メイショウカンパク

正直何も良い所が見当たらない。3年以上の間、一度も掲示板を確保出来ていないのが全てを物語っている。当然消し。
期待度:★☆☆☆☆1

ダコール

この歳になって本格化の兆しを見せているややこしい馬。前走の小倉大賞典ではアルバートドックにタイム差無しの2着。そのアルバートドックはその後マイラーズCで5着と好走しており、この馬も侮れない。2走前の日経新春杯でも最重量58kgを背負いながら最後までしぶとく粘っての4着。それでシュヴァルグランに0.1差は立派である。昨年度の覇者でもあるし有力候補の一頭。
期待度:★★★★☆4

ベルーフ

近二走はダコールと被っているが、いずれも後手を踏んでおり一枚下手感は否めない。正直評価が難しいのだが「ダコール以下」という評価で十分な気がする。
期待度:★★★☆☆3

ダービーフィズ

近走は一息の着順が続いているが、ジャパンCでは直線で揉まれつつも0.4差の9着と健闘。全5勝中3勝を上げている2000mはおそらくこの馬にとってベストの距離。上積みは期待できる。その2000mの札幌記念ではディサイファにタイム差無しの3着でラキシス・ラストインパクト・トーホウジャッカルに先着しているのは評価したい。
期待度:★★★★☆4
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE