NHKマイルカップ 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

NHKマイルカップの出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

NHKマイルC 出走各馬の能力分析・評価

アーバンキッド

前走の毎日杯ではスマートオーディンから0.2差の2着だったものの外伸びの馬場だった様にも思われ十分評価出来る内容。1勝馬だがどのレースでも差のない競馬で地力の高さが覗える。ただ勝ち切れていないのは事実なので、接戦となると厳しいかもしれない。
期待度:★★★★☆4

イモータル

前走の共同通信杯ではのちの皐月賞馬ディーマジェスティに0.2差の2着。タイムは優秀だし、それ相応の評価をして良いと思う。2走前の朝日杯FS9着は勝ち馬リオンディーズとの力差は明白だが、3着以下との差はほぼないと思われ評価は下げないでおく。中団より前で競馬が出来ればこの馬の持ち味は出ると思う。
期待度:★★★★☆4

エクラミレネール

前走NZTは12番人気の低評価を覆しタイム差無しの3着。タイムもなかなかで評価したい所。2走前のアネモネS4着も上位馬がその後それなりに活躍しているので評価出来る。しかし3走前のクイーンCではメジャーエンブレムから1.3秒離されての7着、この時点での力差は明白だった。舞台も同じ東京1600mだし逆転は難しそうだ。
期待度:★★★☆☆3

カネノイロ

近三走はダート戦で結果もイマイチ、この時点で切ってよさそう。一応4走前の500万下戦を見てみたが特に見せ場なしの6着。同レース出走馬でその後活躍している馬もいないし、その程度の力だと考えてよさそう。消しの一頭。
期待度:★☆☆☆☆1

シゲルノコギリザメ

過去二戦トウショウドラフタに先着されており、唯一の1600m戦アーリントンCでは直線で全く粘れず12着と距離適性にも疑問が残ることからあまり評価出来ない。逃げ馬で展開がハマれば面白いかもしれないけど、実力的に頭一つ分足りていない感は否めない。
期待度:★★☆☆☆2

シャドウアプローチ

5戦オール三連帯。こういう馬は侮れない。前走の朝日杯FSでは上位二頭に4馬身差付けられており、この二頭との力の差は明らかなのだがそれなりに伸びていたようにも思える。これを他のレースに当てはめた時にどのくらいの強さに匹敵するのか評価が難しいが押さえてはおきたい。
期待度:★★★★☆4

シュウジ

前走ファルコンSで12着と惨敗したのをどう見るか。重馬場が苦手にしてもちょっと負けすぎだし、それまでもエアスピネルに差を付けられていることからその程度の力と考えておくのが順当かと。今回は前に行く馬も多く楽な展開にはならなさそうなので、この馬には厳しいかと思われる。
期待度:★★★☆☆3

ストーミーシー

前走NZTでは上がり最速タイの脚を繰り出しあわやの2着。あの末脚は目を見張るものがあった。2走前の500万下戦は勝ち馬と比べると末脚は見劣りするが決して悪くない。1200mより1600mの方が合いそうだし人気しないようなら面白い一頭。
期待度:★★★★☆4

ダンツプリウス

NZT勝ち馬。今年に入ってからは3戦して2勝2着1回と切れ味は無さそうだが長くしぶとい脚を使える印象。ただ、どのレースも好位付けから粘って僅差での決着なので、スローでの上がり比べとかになると厳しそう。地力の高さは確かだと思われる。
期待度:★★★★☆4

ティソーナ

2走続けて1400m戦を優秀なタイムで勝ち切っており、上がり3Fタイムも先行策からしたらなかなかのもの。前目での競馬が出来る脚質は魅力である。3走前のベゴニア賞ではスプリングS2着馬マイネルハニーに先着しての2着というのも好印象。1600mも問題無さそうだ。
期待度:★★★★☆4

トウショウドラフタ

1400m戦を三連勝中。ここ二戦はかなり強い内容だったように思える、重馬場適性があったのかも知れないが。1600m戦で結果を出せていないのは気掛かりだが、実力上位の一角であると言えるだろう。
期待度:★★★★☆4

ハクサンルドルフ

近二走の500万下戦のタイムはなかなかで上位馬がその後勝ち上がっている事からも侮れない存在。前走は稍重馬場で上がり33.9と十分優秀。500万下勝ち上がり馬の中では一目置きたい。
期待度:★★★★☆4

ブランボヌール

クラシック戦線では上位馬との実力差は明白。メジャーエンブレムとの比較で考えると今回は軽視してよさそうである。
期待度:★★★☆☆3

ブレイブスマッシュ

2000mの二戦を除くとオール二連対、非常に面白い存在だ。4走前のサウジアラビアRCではイモータルをハナ差凌ぎ優勝、前走ファルコンSも内からしぶとく伸び2着と大いに評価したい。ただ問題は距離。レースを見る限り1600mがギリギリだと思われる。それさえ乗り切れば3着内もあり得る。
期待度:★★★★☆4

ペルソナリテ

前走フラワーCは全く見所なしの15着。近四走はどれも勝ち馬から1秒近く離されており完全に実力不足。取るに足らない存在だと思う。
期待度:★☆☆☆☆1

メジャーエンブレム

前走桜花賞の敗因はハナを切らなかったことに尽きるし、それで0.4差の4着なのだから実力最上位は間違いない。心配なのは今回もハナを切らずに上がり勝負になってしまった場合。それ以外に穴はないと思われる。
期待度:★★★★★5

レインボーライン

前走NZT5着は仕掛けが遅れた印象。割とジリ脚で長く良い脚を使うタイプだと思われ、前走はその持ち味を活かしきれなかったのではと感じた。逆に上手くいったのが2走前のアーリントンC。1~5着まで正直差はないと思うが、最後まで良い脚を残せたのがこの馬で、それが1着という結果に繋がったと思われる。パンチは足りないが侮れない。
期待度:★★★★☆4

ロードクエスト

おそらくこの馬の適距離は1800mまで。前走の皐月賞では内からするりと伸びたかと思いきや、残り200mでパタリと止まったのはそのせいではないかと。1600mは新潟2歳Sで後の阪神JF2着馬ウインファビラスを4馬身ちぎっている舞台。前走からの上積みはあると思われる。
期待度:★★★★★5
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE