【競馬】マイルチャンピオンシップ2016の出走馬全頭評価

マイルチャンピオンシップの出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析・評価を行っていきます。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

イスラボニータ

前年度3着馬という事でコース適性自体は問題無さそう。今年は勝ち星こそ無いものの、中山記念(9着)を除けば強い馬相手に三戦全て掲示板を確保と大崩れしておらず、地力の高さは示している。前走の富士S(2着)では1着ヤングマンパワーを捕らえ切れなかったものの、コチラの方が1kg負担重量が重かった事を考えれば十分逆転は可能かと思われる。
期待度:★★★★☆4

ウインプリメーラ

今年初戦の京都金杯を制して重賞ウィナーの仲間入りを果たしたが、53kgの軽ハンデあっての勝利だったと思うし、メンバーを見ると低レベルなレースに思えてならない。ヴィクトリアMでは勝ち馬から1.4秒差の11着だったように、一線級の馬相手では地力不足と考えた方がよいだろう。
前走ポートアイランドSは楽勝だったが、勝っても評価を上げようとは思えない低レベルなメンバー構成。余程の穴狙いをしない限り買い目に入れないほうが賢明だろう。
期待度:★★☆☆☆2

スポンサードリンク

ガリバルディ

評価が難しい一頭。前走の富士Sでは上がり最速を記録するも5着止まり。それなりに切れる脚はあるようだが、中京記念でもそうだったように、OPに上がって以降は追込一辺倒の競馬でしか結果を出せていないのを見ると、一線級の馬相手では届かずじまいとなるパターンを想像してしまう。
ハイペースで先行集団が総崩れになったら連に絡む事もあり得るかも知れないが、どうしても展開頼りな所があるので積極的には買いづらいか。
期待度:★★★☆☆3

クラレント

凡走が目立つが、昨年の安田記念(3着)や今年のマイラーズC(3着)ではフィエロ(どちらも4着)に先着したように、展開さえハマれば力を発揮するタイプなので買い時が難しい。逃げ馬がいる時に先頭集団にポジションを取った場合に好走することが多いので、ミッキーアイルが逃げるであろう今回は狙い目かも知れない。
期待度:★★★☆☆3

サトノアラジン

重賞二勝2着2回と実績的には自力最上位かと思われる。前走スワンSはトップハンデ57kgをものともせず、大外を回して力の差を見せつける形となった。安田記念は4着だったが、直線でフィエロ(3着)が壁となって追い出すのが遅れた感じであるので、フィエロと同等以上の評価をしてよいだろう。
ただ、マイルGⅠでは二回とも4着と決め手に欠ける印象を受けるので、買い方には注意が必要かもしれない。
期待度:★★★★★5

サトノルパン

前々走スプリンターズSで0.2秒差7着→前走スワンSで0.2秒差2着と近走充実の一頭。そのスワンSを見る限りではサトノアラジンとの力差を感じるが、逃げたエイシンスパルタン(3着)を捕らえ切った事は大いに評価したい所。全戦績を見渡すと秋冬にかけての好走が目立つし、レースを叩くごとに調子を上げるタイプと見受けられる。更に名手デムーロへの乗り替わりと、今回はプラス材料が満載。
穴人気しそうな気はするが、人気薄なら穴狙いで買うのは大アリだと思っている。
期待度:★★★☆☆3

サンライズメジャー

ダービー卿CTとマイラーズCでは逃げ、京王杯SCとスワンSでは追込と、近走は極端な戦法を取っており、今回はどうするのか気になる所。
前走スワンSは13着と大敗したが、直線でインを突くも、前から下がってきた馬をかわす際に急ブレーキした影響が大きいと思うので、参考外のレースと考えても良さそう。前々走の京王杯SCでは勝ち馬サトノアラジンと同じ上がり最速の末脚を発揮したように、展開にハマれば強さを発揮すると考えた方がよいだろう。取捨選択が難しい馬。
期待度:★★★☆☆3

スノードラゴン

今年は勝ち星が無いものの、7戦して3着→7着→5着→3着→6着→5着→5着と大崩れしていないので、見限るのは早計かと思われる。最大の不安要素は、今回が久々のマイル戦であること。1600mを使われたのは新馬・未勝利戦と3歳ダート戦のヒヤシンスSの計4回のみで、マイル経験の少なさはどうしても不安要素として挙がってしまう。
陣営がここを使ってきたという事はそれなりに勝算があるのかも知れないが、買うとしても三連系のヒモまでだろうか。
期待度:★★★☆☆3

ダコール

前走の新潟記念は16着と大敗したが、それまでの戦績を見る限り、力を出し切っての結果ではないと思うので度外視して大丈夫だろう。ただ、ローカル重賞が関の山かと思うし、マイルGⅠに挑戦するにはスピードの絶対値が足りない気がするので、ここは大人しく切った方が賢明かと思う。
期待度:★★☆☆☆2

ダノンシャーク

2年前の本レースを制しているぐらいなのでコース適性は十分だろう。前走の毎日王冠(9着)も残り200mまでは悪くなかったし、三走前のマイラーズCでは、鞍上・福永祐一が上手く立ち回った事もあり2着と好走。フィエロ(4着)に先着したことを考えると、今回も展開次第では上位入選もあり得るんじゃないかと期待したくなる。
期待度:★★★☆☆3

テイエムタイホー

三走前の小倉大賞典から三戦連続で二桁着順。この時点で切ってしまって良いとは思うが、一応前走のスワンSを見てみると直線でズルズルと後退。やっぱり見る必要なかった。
京都金杯では2着だったが、かなり低レベルなメンバー相手なので評価は上げられない。重賞ハンデ戦ぐらいがこの馬の限界ではなかろうか。
期待度:★☆☆☆☆1

ディサイファ

前々走の安田記念では勝ち馬モーリスから0.3秒差6着と、マイル戦でも戦えることを示した様にも思えるが、追い込んできたフィエロやサトノアラジンと比較すると少し見劣りする印象。前走の毎日王冠は差を付けられての6着だったが、ダノンシャークらにコースを塞がれて失速したのが大きいので、そこまで評価を下げる必要はないだろう。
この馬もマイル経験が乏しいので取捨選択が難しい所ではあるが、力がある馬だとは思うので最低限ヒモには入れておいた方が良いかも知れない。
期待度:★★★☆☆3

ネオリアリズム

前走の札幌記念1着はフロックである可能性が高いが、展開が向きさえすれば一発もあり得る馬である事は証明された。なので、今回どういう展開になるかが鍵だとは思うが、ミッキーアイルがいるので前回のような単騎逃げは叶わないだろうし、準OPウェルカムS(1着)で見せたような追込策も今回の豪華メンバー相手には通用しない可能性が高い。全戦績を見て目に留まったのは、外国人騎手が騎乗した時の戦績が(4-0-1-2)と非常に優秀であること。今回はR.ムーア騎乗でウェルカムS時に末脚を爆発させた実績があるのはプラス材料かと思われる。
名手R.ムーアの神騎乗により3着内に飛び込んでくることはあるのか、取捨選択が非常に難しい。
期待度:★★★☆☆3

フィエロ

前走スワンSの大敗(9着)は出遅れが全てだと思うし、元々前哨戦での取りこぼしが多く、本番でパフォーマンスを上げるタイプなので気にする必要は無いだろう。前々走の安田記念では上がり最速の末脚を繰り出しての3着。出走メンバーの中で一番強い競馬をしたようにも見えた。二年連続2着しているように京都・芝1600mは得意の舞台。未だ重賞未勝利であるが、モーリスがいない今回なら念願のGⅠ奪取も十分あり得るだろう。二戦連続で出遅れないかがちょっと不安ではあるが。
期待度:★★★★★5

マジックタイム

前走の府中牝馬S(2着)は牝馬限定戦で1800mが舞台なので省略するとして、前々走の関屋記念では上がり最速を記録しての3着。どちらかと言うと前有利だった展開を考慮すると、勝ち馬ヤングマンパワーと同等以上の評価をして良いかと思われる。
重賞戦線でも好成績を残しているが、牝馬限定戦が中心で負担重量も全て54kg以下での結果なので、GⅠ級の牡馬相手に1kgの負担増がどう響くかは多少不安である。
期待度:★★★★☆4

ミッキーアイル

前走スプリンターズS(2着)はゴール板の直前まで勝ったかと思わせた見事な逃げ競馬。昨年と似たローテでどのレースも昨年より着順を上げているあたり、地力が強化された可能性は高いと思われる。なので、古馬マイルGⅠで三度の惨敗という実績はあるが、それを考慮する必要は無いかも知れない。
期待度:★★★★☆4

ヤングマンパワー

三連勝中と勢いのある馬だが、この二戦はどうも展開に恵まれた感がある。前走の富士Sではマイネルアウラートが4着に残ったように完全なる前残りの展開だった中、有力馬の中で一番前にいたこの馬が勝っただけのように思えて仕方がない。前々走の関屋記念もマジックタイム以外は大したことない馬ばかりなのに、ダノンリバティをクビ差凌いだ程度だったのを見ると、正直そこまで評価は出来ないのが本音。
有利な展開をものにするだけの力があると考えるべきなのかもしれないが、主戦・戸崎圭太がこの馬ではなくフィエロを選んだあたり、GⅡ・GⅢレベルまでの馬なんじゃないかと邪推してしまう。
期待度:★★★★☆4

ロードクエスト

前走の富士Sは9着と惨敗したが、スタートで出負けして最後方からの競馬を選択する羽目になり、超スローペースの前残りとなってしまっただけで、最後は馬がやる気を失くしたようにも見えるので、着順相応に評価を下げる必要はないと思っている。前々走の京成杯AHでは3着ダノンプラチナに対し斤量3kgのアドバンテージがあったとは言え、2馬身近く差を付けて勝利したように、力を出し切れれば古馬相手にも十分戦えることは証明している。
初の京都コースだが、3コーナーからの下り坂を活かせる脚質だと思うので、今回のコース替わりはプラス材料だと考えている。富士Sを大敗したことで人気を下げるようなら、今回が絶好の狙い目ではなかろうか。
期待度:★★★★☆4

マイルCS(2016)を制するのはどの馬!?

皆さんのマイルチャンピオンシップ(2016)勝ち馬予想を募集しています。
堅く人気馬狙いか、大穴狙いで人気薄を選ぶか、どういった傾向になるのか気になるので気が向けば投票してやって下さい。

keiba-baner
にほんブログ村 競馬ブログへ

[PR]競馬データベース【KLAN】でデータ分析!

皆さんは競馬予想をするのに何を利用しているでしょうか?
競馬新聞やJRA-VANなどが一般的でしょうが、お金がかかりますよね?

そこでオススメしたいのが、管理人も使っている競馬データベース【KLAN】です。


【KLAN】がどのようなものかを簡単に紹介すると、

1.独自のデータを含む競馬情報が無料!
2.膨大なデータから必要なものだけカスタマイズ!
3.予想印と予想メモが残せる機能で予想力アップ!
4.直接IPATでの馬券購入が可能に!予想から馬券までをフルサポート!

といった感じです。

『競馬場コースデータ』と『競走馬データ』が便利!

『競馬場コースデータ』と言うのはこんな感じ→京都・芝2000m(内)コースデータ
このページで過去5年の、枠番、脚質、単勝人気、種牡馬、騎手、調教師別の勝率や連対率、単・複回収値のデータを見ることが出来、予想に役立てています。個人的には種牡馬データを重視しています(^^)
また、レース条件別の平均ラップ構成も分かるので、予想やレース回顧をする際には役に立つのではないかと思います。

そして『競走馬データ』はこんな感じ→ジュエラーの競走馬データ
この中で[レース条件別][コース条件別]の2項目を私はよく利用しています。
[レース条件別]では馬場状態や休み明けの成績が見ることが出来て非常に便利。
[コース条件別]では競馬場、距離、右・左回り、直線の坂の有無等の条件別での成績が見れてこれも役立ちます。

最終的に私が登録しようと決めたのは、予想印と予想メモを残せる機能があったから。
ブログをやっていることもあって、自分の予想を公開する時に便利だなと感じて【KLAN】に登録することを決めました。
ブログしていない人でも過去の予想を見返すのに便利だと思うので、無料登録しておいても損はないと思いますよ。

▼興味がある方は今すぐ無料登録!▼


コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE