京都新聞杯 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

京都新聞杯の出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

京都新聞杯 出走各馬の能力分析・評価

アグネスフォルテ

前走はなみずき賞は直前で内が詰まり力を発揮できずの6着、参考外のレースと考えていい。2走前の大寒桜賞では勝ち馬に最後かわされたもののしぶとく粘り2着。その勝ち馬レッドエルディストはその後青葉賞で2着と好走しているし、この馬もそれなりの力はありそう。面白い一頭。
期待度:★★★☆☆3

アドマイヤビスタ

前走アイビーSは先行策を取り5着に終わったもののあわや勝ちもありえた競馬。前に行った馬にとって楽な展開では無かったようにも思えるし判断が難しい。新馬戦では好位付けから直線伸びないと思いきやラスト急に良い脚を見せたりと反応が鈍いのか何なのか。長期休み明けということも含めて取捨選択が難しい。
期待度:★★★☆☆3

エルプシャフト

兄トーセンレーヴの超良血馬。初戦の未勝利戦は道中ゆるい流れでの終い勝負。途中からポジションを上げていったデムーロの高判断あっての勝利だと思うが、唯一中団から追い上げてきたアドマイヤキズナと同じ上がり34.5の脚を使っているのはそれなりに評価してもいいかも知れない。同レース上位馬はその後未勝利を勝ち上がっているが、正直この一戦だけでは判断に迷う。
期待度:★★★☆☆3

エルリストン

前走の未勝利戦は0.4秒ちぎっているものの、他の出走馬はその後未勝利を勝ち上がれていない。レースレベルは低いと考えてよさそう。これまでの対戦相手も大した戦績を上げておらず、この馬の力もその程度なのであろう。消しの一頭。
期待度:★☆☆☆☆1

カルムパシオン

前走勝ち上がった未勝利戦はダート戦、この時点で切っていい気もする。一応過去の芝戦も見てみたが、タイムも上がりも平凡で、同じレースの出走馬で出世した馬もおらず、この馬の実力の程はうかがい知れる。前残りの展開になって逃げがハマれば面白いが、流石にその望みは薄いだろう。消しの一頭。
期待度:★☆☆☆☆1

スズカバーディー

前走はなみずき賞10着はまるで見所なし。最後方に付けて上がり35.7の脚しか出せないのならその程度の力ということだろう。2走前のクローバー賞2着もタイムは平凡だし、出走馬のその後の戦績は酷いもの。消しの一頭。
期待度:★☆☆☆☆1

スマートオーディン

実績最上位でおそらく実力も最上位馬。2走前の共同通信杯6着だけは不可解だけど、それ以外は安定した戦績。前走の毎日杯で見せた上がり32.7の脚は流石といった所。今回のメンバー相手だと頭一つ抜けている印象だ。
期待度:★★★★★5

スワーヴアーサー

前走の未勝利戦はダントツの上がり最速33.9の脚で見事勝利。タイムもまずまずで見応えがあった。2走前の未勝利戦はのちの青葉賞馬ヴァンキッシュランから0.2差の3着、上がり3Fタイムもヴァンキッシュランが34.2に対し34.4と悪くない。未勝利戦勝ち上がり馬の中では一番期待できるのではなかろうか?
期待度:★★★★☆4

ゼンノタヂカラオ

オール三連帯と安定した戦績は魅力、相手なりに走るタイプかもしれない。注目したいのは2走前の若葉S3着。上位ニ頭には8馬身差も付けられたものの、その二頭は皐月賞で競合相手に7着,9着と好走。前走はなみずき賞は直線で進路が詰まる不利があったものの無理やりこじ開けて勝利。力はありそうだが評価が難しい一頭。
期待度:★★★★☆4

ダンツエイコウ

前走の黄菊賞10着はまるで見所なし。新馬戦は逃げ切り勝ちも減量騎手騎乗でのもので評価はしづらい。前走からの間隔が開いているので多少の上積みはあるかも知れないが、正直上位人気馬との力の差は明白だと思う。
期待度:★★☆☆☆2

フォルテミノル

前走ダートの未勝利戦を勝ち上がった馬。この時点で全く期待できない。芝戦では全く良いところがなく、これで今回走ったら今までは何だったんだと言いたくなる。迷わず消し。
期待度:★☆☆☆☆1

ブラックスピネル

全戦掲示板を確保しており、スマートオーディンにも勝っている馬。当然実力上位の一角だろう。前走すみれSでは2着と敗れており、勝ち馬ジョルジュサンクは皐月賞で16着と大敗しているのは気掛かり。しかしスローの上がり勝負となった2走前の若駒Sでは上がり33.0の脚を繰り出し3着とそれなりに評価出来る。勝ち馬はあのマカヒキだし、これまでの安定した実績を考えると押さえておきたい。
期待度:★★★★☆4

ユウチェンジ

3走前の朝日杯FSは直線で馬群の中から抜け出すのに苦労しての4着。上位二頭との力差は明白だがそれなりに評価したい。続く京成杯は明らかな力負けでの6着、この程度なのかなという印象。弱い馬ではないかもしれないが、勝ち負けに絡むことは無さそう。
期待度:★★★☆☆3

ロイカバード

前走きさらぎ賞は厳しい流れの中、サトノダイヤモンドにくい下がり3着。力の差は明白だが、それなりに評価したい。その前の福寿草特別1着だが、上位入着馬のその後の戦績がそれなりなのでこの馬もそれなりという評価で良さそう。まぁ「それなり」止まりかと。
期待度:★★★★☆4
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE