京都大賞典 2016 予想結果 レース回顧

京都大賞典の予想結果とレース回顧です。

横綱相撲でしたね(^^;)

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

京都大賞典 2016 予想印と結果

▼コチラに掲載しています▼
2016年10月10日(月) 京都11R 京都大賞典の予想結果
(☆印がない関係で元の予想とは印が少し違っています)

京都大賞典 2016 レース回顧

展開としてはややスローペースで、ラストの上がり比べ勝負になったように思います。
結果的にハナを切ったヤマカツライデン(8着)を除いた先行勢のワン・ツー・スリーで決まるいう典型的な前残り決着。
その先行勢の中に地力最上位であるキタサンブラック(1着)がいたため太刀打ちできませんでした。

本命ラブリーデイ(3着)はスタミナの点で今回の京都2400mがベストではないのは分かっていましたが、同じ斤量を背負ったキタサンブラック(1着)には力負けした印象です。次回、東京2000mへと舞台が変わってどうなるかは難しい所。
アドマイヤデウス(2着)には勝ってもらいたかった所ですが、内外の差と2kgの斤量差が響いた上での結果かと思います。本番の秋天では十分逆転可能でしょう。

差し・追い込み勢の中では最先着したサウンズオブアース(4着)に関してはポジションが後ろ過ぎたのがアダとなった印象。デムーロJKの判断ミスと考えていいでしょう。不利な展開でしたが、最後までしっかり差を詰めており力は十分に示したと思うので、評価を下げる必要は無いと思います。

keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE