菊花賞 2016 出走馬全頭評価

菊花賞の出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析・評価を行っていきます。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

菊花賞 出走各馬の能力分析・評価

カフジプリンス

芝に転向して以降、掲示板を外したのは丹頂S1回のみ、安定感は評価したい所。前走の神戸新聞杯では直線を向いてからエンジンの掛かりが遅く感じたが、最後はいい脚で伸びており、レッドエルディストにアタマ差の4着まで迫ってきた好印象な内容。
血統的に距離延長はプラスに働くのではないかと思えるし、加えて内枠を引いた岩田。もしかしたら一発あるのでは?と期待してしまう。
期待度:★★★★☆4

ジョルジュサンク

前走の神戸新聞杯は直線で一瞬先頭に出るかと思わせたがあえなく撃沈の10着(1.4秒差)と、上位陣には力の差を見せつけられたレースとなった。母父ラムタラなので血統的には距離延長は歓迎な気もするが、距離適性だけでどうにかなる差ではない気はするので買い目からは外しておくのが賢明だろうか。
期待度:★★☆☆☆2

サトノダイヤモンド

実力・実績ナンバーワン筆頭であるのは最早言うまでもない。前走の神戸新聞杯もミッキーロケットにクビ差まで詰め寄られたのは意外だったが、3着以下には3馬身差を付ける完勝と言っていい内容であった。
一抹の不安要素があるとすれば若干の距離不安とGⅠではイマイチ結果を出せていない鞍上ルメールだろうか。
期待度:★★★★★5

シュペルミエール

二連勝中の上がり馬。条件戦でのものとは言えオール三連対の安定感は評価できる点。ただ、前走の1000万下条件戦の勝ちタイムがあまりにも凡庸なので過度の期待は禁物かと。連勝の勢いに乗ってどこまでやれるかは見ものである。
期待度:★★★☆☆3

ミライヘノツバサ

評価できるポイントを無理矢理挙げるとすれば2600m戦を経験していることぐらいか。その1000万下条件戦も1.3秒差の5着だからとても評価できるものではないが。春は皐月賞で勝ち馬ディーマジェスティから2秒差の12着と、あの時点ではお話しにならないレベルだったことは明白。
1000万下条件を勝ち上がっての参戦となった今回だが、その時の勝ちタイムも平凡の域を出ないし、正直買う要素が見当たらない。
期待度:★☆☆☆☆1

ディーマジェスティ

ダービーでの敗戦は上位二頭よりポジションが後ろになってしまったことが運の尽きだっただけで、決して力負けではないと考えている。前走セントライト記念は少し物足りない内容だったと多くの人が言っているが、後方から大外を捲くるロスの大きい競馬をした上での勝利。正直着差以上に強い内容だったのではないかと個人的には思っている。
血統的にサトノよりかは距離不安がないかと思うので、その分でコチラの方に分があると思うのは私だけだろうか?
期待度:★★★★★5

レッドエルディスト

前走の神戸新聞杯(3着)は上位二頭には差を付けられた印象ではあるがそれなりに評価はしていいかと思える内容。春もダービーはスタートの出が悪く後方からの競馬になったけど0.8秒差9着、青葉賞では上がり最速33.9の脚を繰り出しヴァンキッシュランから0.2秒差2着と力を示しており、まだ見限ることは出来ないだろう。
そして個人的に注目しているのが、過去5年で京都・芝3000mでの複勝率が60%超えであるゼンノロブロイ産駒であること(参照:京都・芝3000m(外回り)のデータ傾向・狙い目)。鞍上の四位も過去に10番人気のベールドインパクトでアタマ差の4着と穴を開けかけており人気薄でも信頼したくなる騎手。人気しないのであれば買ってみたい一頭だ。
期待度:★★★★☆4

ミッキーロケット

春の二戦・スプリングSと皐月賞を除けばオール連対中と、まだ底を見せていない印象を受ける一頭。前走の神戸新聞杯(2着)はサトノダイヤモンド相手にあわやの激走だったし、前々走の1000万下条件戦も着差は僅かだが余裕の勝利であったように見える。臨戦過程も神戸新聞杯からの出走はセントライト記念組と比べると連対率も高いので期待してしまう。
ただ不安なのは京都3000mでことごとく結果を出せていないキンカメ産駒であること(過去5年で複勝率10%)。前例を打ち崩すこともあるが果たして・・・
期待度:★★★★☆4

イモータル

二戦連続で勝ち馬から1秒以上離されており、巻き返しは難しいだろう。ただ、近二走の大敗はスタートが悪くポジションが後ろになり過ぎたせいもあるとは思うので、好位からの競馬が出来ればチャンスはあるかも知れない。しかし、出遅れ癖が付いてしまっている懸念もあるため、完全に穴狙いと腹を決めないと買う気にはなれないのが正直な所。
期待度:★☆☆☆☆1

ウムブルフ

二連勝中の上がり馬。前走の1000万下条件戦では豪快な捲り競馬で5馬身差の圧勝という好内容。条件戦でレースレベル自体にも疑問はあるので判断が難しい所ではあるが、皐月賞で1秒以上の差を付けられた春より成長していることは間違いないだろう。
未知数な部分はあるが、怖い存在ではあるのでヒモには加えておきたい。
期待度:★★★☆☆3

コスモジャーベ

1000万下条件をすんなり勝ち上がれていない時点で既に切り候補。近二走のタイムも平凡の域を出ていないし買う要素が全く見当たらない。
あ、あった!父が菊花賞で穴をあけたソングオブウインドだった!
~完~
期待度:★☆☆☆☆1

エアスピネル

前走の神戸新聞杯5着はサトノダイヤモンドから0.7秒も差を付けられており正直頂けない結果ではあるが、これを(意味不明に)後方策を取った武豊の騎乗ミスと考えて度外視すれば、他は一線級の馬相手に極めて堅実な戦績。人気二頭からは一枚劣る感は否めないが、他の馬には実力的には決して負けていないはず。
ただ、前述のマイナスファクター・キンカメ産駒であることはかなり不安なので、多少割り引いて考えたくなる。
期待度:★★★★☆4

アグネスフォルテ

近二走は共に勝ち馬から1秒以上差を付けられており、正直力不足と言わざるを得ない。先行できる脚質は評価しておきたい所。京都・芝3000mは極端なほど逃げ・先行が有利なコースなので、展開一つでワンチャンスあるんじゃないかと期待したくはなる。ヒモ荒れ狙いでなら買ってもいいかも知れない一頭。
期待度:★★☆☆☆2

サトノエトワール

前走の1000万下条件2着はよく逃げ粘ったように見えるので評価したい所ではあるが、この馬を買うのなら勝ち馬シュペルミエールを買ったほうが賢明だろう。丹頂S1着馬ヤマカツライデンに0.2秒差4着と健闘したことは多少評価できるが、仮に勝っていても大した評価は出来ないのが実際の所。キンカメ産駒だし正直買う気にはならない。
期待度:★★☆☆☆2

プロディガルサン

前走セントライト記念は直線で躓いたように見え、それでディーマジェスティから0.2秒差の3着だったら悪くない結果に思える。ダービー(10着)も0.9秒離されたものの一瞬は先頭に立って見せ場を作っていたし、そのダービーを除けば掲示板は外しておらず安定して走っており好印象。人気もそこまでしないだろうし、人気薄の田辺は怖い存在でもある。
期待度:★★★★☆4

ジュンヴァルカン

前走の1000万下条件戦では後の丹頂S1着馬ヤマカツライデンを0.2秒突き離しての勝利。4kgのハンデ差があったとは言えタイムも優秀だと思うし強い内容に見えた。戦績全体を見てもデビュー戦の4着を除けばオール三連対と安定感があり、先行できる脚質も好印象。
休み明けというのが多少不安ではあるが、上がり馬の中ではこの馬が一番期待できるのではなかろうか?鞍上デムーロだし。
期待度:★★★★☆4

マウントロブソン

ここ三戦で6着(0.7差)→7着(0.6差)→7着(0.6差)と一息の戦績続きで、若干底が見えた感のある馬。前走セントライト記念(7着)も外を回されるロスはあったものの少々見せ場がなさすぎ。上がり3Fタイムが先行したゼーヴィントより劣るというのは如何なものかと思う。
今回も良くて善戦止まり、掲示板に載るか載らないかレベルが限界ではないだろうか。
期待度:★★★☆☆3

keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE