京王杯スプリングカップ 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

京王杯スプリングカップの出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

京王杯SC 出走各馬の能力分析・評価

アイライン

近二走は1600m戦ということもあってか末脚に粘りがなく見所なし。特に2走前のターコイズS最下位は直線で他馬に揉まれて失速したため参考外として良さそう。3走前のオーロCでは52kgの軽ハンデを活かしロサギガンティアから0.3差の3着と好走しており悪くなかったと思う。今回はハンデ差3kgに縮まり差が開くとも考えられるが、東京1400mは3勝上げている得意の舞台。一発あってもおかしくない。
期待度:★★★☆☆3

ヴェルステルキング

近二走は直線外に持ち出してからの伸びが良く、長く良い脚を使える印象でタイムも悪くない。1400mを走り始めてからの戦績は3-0-1-1で唯一連を外した1000万下5着も窮屈なインコースを通ってスナッチマインド(後に京都牝馬S4着)に0.2差と評価出来る。一気に相手が強化される今回、この馬にとっては試験石の一戦となりそう。
期待度:★★★★☆4

エイシンスパルタン

3走前は同じ東京1400mの舞台の晩春Sでマジックタイム(後に京都牝馬S2着、ダービー卿CT1着)に0.4差つけての1着、これは評価出来る。1400m戦全体を見ても4-1-0-2と大崩れが無いのは好印象。前走の春雷Sは1200mではあるが、ワキノブレイブ・サドンストームに0.3差つけての勝利と、重賞でも十分戦えそうだ。
期待度:★★★★★5

エポワス

前走のキーンランドC9着はインコースが開くまで追い出しておらず完全に仕掛けが遅れたように見える。度外視していいかは微妙な所だが、評価を下げる必要は無いかと。2走前のUHB賞はレコード決着を制しての勝利。3着はレッドオーヴァルだったし、重賞メンバー相手でも戦える力はありそうだ。東京1400mは2勝上げている舞台だがいずれも500万下戦でのもので、1600万下では2戦して12着・4着と特別適性があるわけではないと判断。長期休み明けではあるが怖い存在だ。
期待度:★★★★☆4

オメガヴェンデッタ

前走の阪急杯は1着ミッキーアイルとの差を詰めていき0.1差の2着。ダノンシャークにも先着しており評価したい所。2走前の京都金杯12着は前有利の展開で、普段より後ろのポジションだったための結果と考えられるので度外視する。トップスピードの持続力がある印象なので、直線の長い東京コース向きだと思われる。昨年度3着で、同コースの1600万下戦を勝利していることからも適性の高さは覗える。
期待度:★★★★★5

クラリティスカイ

近二走だけで判断すると消して問題なさそう。しかし3走前のNHKマイルCはアルビアーノ(高松宮記念3着)を降しての勝利。コレをどう評価すべきか。ただ、その後のマイルCSで逆転されているのでその程度と判断して問題無いと考える。
期待度:★★★☆☆3

サクラゴスペル

昨年度覇者だが正直メンバーに恵まれた感はあるし、展開がハマらないと走ってくれない印象のある馬。スプリント戦でも結果を残しており、地力の高さはメンバー随一だと思うが取捨選択が難しい。オメガヴェンデッタ同様、長く良い脚を使うタイプだと思うのでコース適性はあると思われる。
期待度:★★★★☆4

サザナミ

前走の船橋Sは好位付けから直線早めに抜け出し粘りきっての勝利。タイムは平凡なので評価はしがたい。2走前のクリスマスC5着も上位メンバーはその後好走しておらず、同じく評価しがたい。今回は距離が200m伸びての東京コース、未勝利戦を勝ち上がった舞台ではあるが大きな上積みは無いと考えて良さそう。
期待度:★★☆☆☆2

サトノアラジン

前走のダービー卿CT3着はロゴタイプに先着されているが、2走前の富士S2着では先着している事から、東京コースの今回は上積みがありそう。東京コース実績は2歳時の東スポ2歳S5着を除けば三連対を外しておらず適性は十分。ジリ脚タイプなので東京コースに変わるのは好材料だと思われる。問題は初挑戦となる1400mという距離で、この点をどう判断するかが難しい。
期待度:★★★★★5

サンライズメジャー

善戦続きなこの馬、今回もそうなる気がしてならない。注目したいのは3走前の阪神C。内コースが詰まって伸び遅れ、外が伸びる馬場だった中4着に食い下がったのは評価したい。3着ビッグアーサーはその後高松宮記念を制しており、レースレベル自体も高かったと考えられる。前走からの距離短縮はプラスに働きそうだが判断の難しい一頭。
期待度:★★★★☆4

ダイワリベラル

前走ダービー卿CT4着は単純にサトノアラジンと比較するとこちらの方が下と見て問題なさそう。2走前の東京新聞杯6着も見せ場はなく、切れる脚は持っていなさそう。初の1400mだが、距離短縮がプラスに働くとも考えづらく、今回は軽視してよさそう。
期待度:★★★☆☆3

ダッシングブレイズ

前走ダービー卿CT6着はダイワリベラルと同じようなコースを通っての結果だが、前にポジションを取った馬に分があった印象を受ける。3走前のリゲルSは上がり最速33.1の脚を繰り出しての勝利。切れる脚はあると見て良さそう。東京コース戦績は2-0-0-2で、連を外した2戦はいずれも2000m戦。初の1400mではあるが上積みはありそうである。
期待度:★★★★☆4

ダンスアミーガ

前走の阪神牝馬S11着はまるで見せ場なし。2着と好走したターコイズSも前残りの展開に助けられてのもの。出走馬の中では頭一つ二つ分力は劣りそうだ。昨年度の本レースでもサクラゴスペル・オメガヴェンデッタに先着を許しており、逆転は難しそう。
期待度:★★☆☆☆2

ヒルノデイバロー

2走前の阪急杯8着は馬群の中よく伸びたと思うが着順以上の評価はしがたい。芝でのキャリアはわずか4戦なので判断は難しいが、掲示板に載れていないのは事実なのでその程度の評価で問題ないかと。
期待度:★★★☆☆3

ブラヴィッシモ

2走前の阪急杯3着は展開が味方した印象もあるが、先行策から粘って3着と評価できる内容。3走前のタンザナイトSは5着止まりだったが、差を詰めながらも届かずの結果なので悪くはない。相手関係を考えると勝ち切ってほしい所だが侮れない存在である。
期待度:★★★★☆4

ロサギガンティア

前走の阪神C1着は外伸びの馬場に助けられた感もあるが地力の高さは示した印象。2走前のオーロCも余裕の勝利。レースレベルの高さは疑問ではあるが、東京1400m実績があるのは好印象。1400m戦に路線を変えてからは3着→1着→1着と、まだ底を見せていない感じなので人気はするだろうが押さえておきたい一頭。
期待度:★★★★★5
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE