東京優駿(日本ダービー) 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

東京優駿(日本ダービー)の出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

日本ダービー 出走各馬の能力分析・評価

ディーマジェスティ

皐月賞は多少展開に恵まれた感もあるが強い勝ち方だった。トップスピードでは2着マカヒキに劣る可能性もあるが、中山の直線急坂での残り200mからの加速を見る限りはパワーや瞬発力に関してはこの馬の方に分がありそう。東京コースは2戦2勝なので適正に関しても問題無さそうだが、この馬以上の東京2400m巧者がいる可能性は残っている。しかし今のところ穴は無さそうだ。
期待度:★★★★★5

マイネルハニー

前走の青葉賞は直線で完全にバテて1.8秒差の8着と完敗。中盤からペースが急激に早くなり、逃げたこの馬には厳しい展開となったせいもあるかも知れないが2400mは長いような気がする。3走前のフリージア賞で4馬身突き離して圧勝したように、緩めのラップで逃げることが出来れば激走の可能性もあるが、今回のメンバーでは厳しそうだ。
期待度:★★★☆☆3

マカヒキ

皐月賞はディーマジェスティに0.2秒屈したものの上がり最速33.9の脚を繰り出しての結果、スピードだけならこの馬の方が上かもしれない。初の東京コースだがディープインパクト産駒だし難なくこなせそう。問題は距離。皐月賞でのラストの伸びはまだ余力が残っているように見えたが、母父フレンチデピュティというのが気になる。全姉ウリウリは完全なるスプリンターorマイラーだし2400mになって極端にパフォーマンスを落とす危険性があることを覚悟しているが杞憂に終わるかもしれない。
期待度:★★★★★5

レインボーライン

正直、ダービーに出走してきたことに驚いている。完全にマイル路線で行くと思っていたので。NHKマイルCでは外を回しての距離損はあったのにメジャーエンブレムから0.1差の3着と力はあるのは間違いないが、2着ロードクエストよりは少し劣る印象。そして問題の距離。半兄フォントルロイ(父ゼンノロブロイ)が(500万下条件ではあるが)2400m以上でも好走歴があるので、父ステイゴールドのこの馬も大丈夫そうな気もする。気もするだけだが。
期待度:★★★☆☆3

エアスピネル

皐月賞は厳しい流れの中、前目でレースを運び4着と一線級の力がある事は間違いない。母エアメサイアはオークス2着の実績もあり、血統的には400mの距離延長は問題無さそうだ。しかし、皐月賞の上位二頭とは埋められない差があるように感じられるのが正直な所か。
期待度:★★★★☆4

アグネスフォルテ

前走の京都新聞杯は完璧なレース運びだったと思う。結果もスマートオーディンから0.1差の2着だからそれなりの評価はしたい。だが問題なのは東京コース。ハービンジャー産駒はどちらかと言うとパワー型で、東京コース実績が悪いというデータも有るので、前走からの割引は必要かと。京都新聞杯より前のレース評価はコチラの記事を参照。
期待度:★★☆☆☆2

ロードクエスト

NHKマイルCでは上がり最速33.8の脚を繰り出し2着。自ら厳しいペースで逃げて勝ち切ったメジャーエンブレムが強すぎただけで十分評価出来る。しかし問題なのは距離。以前の記事でも言及したが、この馬は保って1800mまでかと思われる。マツリダゴッホ産駒の戦績もそれを示しており、出走数自体少ないせいもあるが1800m以上になると戦績はガクンと落ちる。2400mは厳しいかと。
期待度:★★★☆☆3

サトノダイヤモンド

皐月賞の結果でも述べたように斜行による不利はあったものの、上位二頭とは実力差があったように見えるのは確か。そして、血統面を見ると父ディープ×母父ダンチヒ系と、ディープ産駒の中では少しパワー寄りになるかと推測される。それで中山の舞台である皐月賞で3着だった所を見ると逆転は難しそうに思われる。
期待度:★★★★☆4

マウントロブソン

皐月賞6着は十分健闘したと思うが、厳しい流れのなか前に行ったとは言え、上位馬との差は感じられた。少なくとも逃げたリオンディーズよりかは下かと思われる。血統面を見ると、全兄ハワイアンソルトは500万下条件のダート馬ではあるが2400mで好走しており、距離延長は問題無さそうだ。
期待度:★★★☆☆3

スマートオーディン

血統面ではダノンシャンティ産駒のサンプル数が少なすぎるので何とも言えないが、前走の京都新聞杯で余裕のある勝ちっぷりを見せたことからも、少なくともこの馬自身は距離に問題は無さそう。共同通信杯での凡走だけは未だに不可解だが、それ以外に穴は無いので上位争いは十分あり得るかと。
期待度:★★★★☆4

アジュールローズ

出負けした3走前の500万下条件以外では連を外しておらず侮れない存在。前走プリンシパルS1着はタイムも上がりも平凡。前々走の500万下条件も緩い流れだったのに上がり3Fタイム34.6で圧勝でもなく、これまたパンチがない。同レース出走馬のその後の戦績も今一つだし、この馬の力もたかが知れてそう。
期待度:★★☆☆☆2

リオンディーズ

半兄はあのエピファネイア。この馬はキンカメ産駒だが2400mの距離は問題無いだろう。皐月賞の結果でも述べたが、あのレースは自ら作ったハイペースでの自滅。むしろよく5着(4位降着)に粘ったと思う。今回はハナを切る馬がいるし、無理に前に行かなければ逆転の可能性は十分ありそうだ。
期待度:★★★★☆4

レッドエルディスト

近二走を見る限り、切れる脚を持っていることは確か。以前の記事でも述べた通り、大寒桜賞で見せた末脚は圧巻だった。青葉賞でも上がり3Fが33.9とペースを考えるとなかなかのものだが、追い込み一辺倒タイプにしては少し物足りない気も。スピードに関しては1着ヴァンキッシュランと遜色無さそうだし、本番での逆転もあり得るか。
期待度:★★★★☆4

ヴァンキッシュラン

前走の青葉賞で見せた好位からの競馬でも直線で鋭く伸びる脚質は魅力。後方からの競馬でも問題無いようなので、展開がどう転んでも柔軟に立ち回ってくれそうだ。それ以前のレース評価はコチラを参照。東京2400mを経験しているのは大きいと思うし大物食いもあり得るだろう。
期待度:★★★★★5

イモータル

前走NHKマイルC11着は結果の記事でも書いた通り、完全なる力負けだと思う。トップスピードが他馬より劣る印象を受けたし、これだけを見ると今回は厳しそうだ。血統的にもマンハッタンカフェ産駒なので距離延長は歓迎かと思いきや、産駒の2200m以上での戦績は他の距離帯と比較するとイマイチ。激走の可能性は低そうだ。
期待度:★★☆☆☆2

ブレイブスマッシュ

この馬もなぜダービーに出てきたのか分からない。NHKマイルCの時にも書いたが、距離はおそらく1600mがギリ。2400mはまず保たないだろう。しかし出走してきたと言うことは陣営が「イケる!」と踏んだということか・・・?血統的にはトーセンファントム産駒だからネオユニ産駒と同様と考えると距離延長は歓迎なのかも知れないが、データが少なすぎるので何とも言えない。少なくともロードクエストよりスピードは劣る印象なのでその程度の評価止まり。
期待度:★★★☆☆3

プロフェット

皐月賞を見る限りは勝ち目なし。ハービンジャー産駒なので距離延長がプラスに働くとは考えにくいし、中山から東京へのコース替わりもマイナスかと。唯一自信を持って消せる馬。
期待度:★☆☆☆☆1

プロディガルサン

青葉賞では上位二頭との力差は明らか。この馬が上位入選する時は青葉賞丼が出来上がりの結果になるだろう。全兄リアルスティールもダービーではコケたぐらいだし、この馬が激走する可能性は低いかと思われる。
期待度:★★☆☆☆2
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE