銀と金2 打ち方・リール配列

パチスロ「銀と金2」の打ち方についての解説です。

右リールは適当打ちでOKなので、ハサミ打ちが有効です。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

リール配列

gintokin2-reel

銀と金2 打ち方

通常時

左リール枠内にBAR狙い、右リールは適当打ち

①スイカテンパイ時(右リール青BARはスイカの代用)
→中リールにスイカ狙い(BAR目安)
②上記以外
→中リール適当打ちでOK

ボーナス・ART中

①ナビ・カットイン発生時
→ナビに従い各リールを停止
②演出発生時
→通常時と同様の打ち方でレア小役をフォロー
③上記以外
→基本的に適当打ちでOK

初めに左リールBAR狙い、右リール適当打ちでスイカテンパイ時だけ中リールBAR狙い、というのが基本の打ち方。
右リールは適当打ちでOKなので、ハサミ打ちでの消化がオススメ。
スイカさえフォローしておけば取りこぼしはなく、フラグ判別も可能です。

小役の停止形

角チェリー:角チェリー
中段チェリー:中段チェリー
スイカ:スイカ揃いorスイカ・スイカ・青BAR
チャンス目:スイカハズレ
ざわ揃い:ざわ揃いorBAR・ざわ・ざわ

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE