福島牝馬ステークス 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

福島牝馬ステークスの出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

福島牝馬S 出走各馬の能力分析・評価

アルマディヴァン

前走中山牝馬Sでは珍しく逃げを打ち、直線でしぶとい脚を見せ最後にもう一伸びしての4着というのは評価したいところ。これを復調の兆しと見るかフロックと見るかは難しいが、脚質に幅が出たのはプラス材料。昨年秋以降の戦績はパッとしなかったが着順ほどは負けておらず、今回も人気しないのであれば買いの一頭であるかも知れない。
期待度:★★★★☆4

アースライズ

前走中山牝馬S8着は仕掛けが遅れて届かなかった印象。評価を下げる必要は無さそう。昨年の秋華賞5着だが、同レース上位馬はその後のレースでもそれなりの戦績を上げていることから実力は確かだと見て大丈夫だろう。2走前の愛知杯も前が総崩れ、後方からの差し・追い込みが届きまくる展開の中、中団からの競馬で3着、十分評価出来る。実力上位馬の一角であることは間違いない。
期待度:★★★★★5

ウインリバティ

前走中山牝馬S14着はハナを切らなかったのが全てだと思う。前に行って勝てたかどうかは微妙なところだけど、仕舞いの瞬発力勝負で争えるタイプの馬ではないことは確か。そこまで評価は下げないでおく。自らペースを作りラスト直線で持ち味(と思われる)の持続力を発揮できれば見せ場はあるかも知れない。
期待度:★★★☆☆3

オツウ

前走・前々走と全く良いところがない消しの一頭。穴をあけた3走前のターコイズS3着は完全なる前残りの展開に恵まれての結果、全く評価はしていない。3走前同様、展開が向かない限り勝ち負けに食い込むことは無いだろう。
期待度:★☆☆☆☆1

カレンケカリーナ

5ヶ月の休み明け。前走ターコイズSでは前で競馬したのに10着と惨敗、実力不足or中山適性なしor右回りがダメのどれかだろう。この馬はなぜか左回りコースばかり使われており、全5勝の内4勝が左回り。右回りでの1勝は未勝利戦でのものなので極端なサウスポーである可能性がある。だったらなおさら買えない。
期待度:★☆☆☆☆1

キャットコイン

前走・前々走ともに実力不足の印象。昨年の牝馬クラシック戦線でも全く活躍していないことからも現段階では評価しなくて良さそう。
期待度:★☆☆☆☆1

クインズミラーグロ

前走中山牝馬S16着は慣れない先行策で自滅した感じなので度外視。3走前の秋華賞9着が一番いい物差しになるかと思うが、4コーナーから直線にかけてのコース取りに手間取り、脚を余したようにも見える。評価は出来ないが、来ても驚かないでおこう。
期待度:★★☆☆☆2

シャルール

3ヶ月の休養明け以降の戦績は3連続2着の後の3連勝。まだ底を見せていない感じなので、人気はするだろうが買い目からは外せない一頭だろう。前走初音Sは先行策を取りつつ上がり最速33.6の脚を見せるという圧巻の内容。実力上位馬の一角であると言えるだろう。
期待度:★★★★★5

ディープジュエリー

前走京都牝馬Sは馬場の渋る内を突いたために伸びを欠いたのではないかと思われるので、そこまで評価は下げないでおく。前々走ターコイズSは前残りの展開に泣かされたものの、上がり最速33.9の脚を見せ6着。これは評価しても良いと思う。ただ、秋華賞を見る限りはアースライズと比較して見劣りするのは確か。
期待度:★★★☆☆3

ノットフォーマル

前走ターコイズSでは上がり最速の33.8をマークするも14着と大敗、何だコレw 紫苑S以降は二桁着順続きで全く良いところがなく、ここでの巻き返しは難しいと思われる。
期待度:★☆☆☆☆1

ハピネスダンサー

2走連続で0.2秒差の5着。地力はあるように思われる。ただ、前々走小倉大賞典の上位馬はその後好走しておらず、その点は懸念材料。修学院Sのような競馬が出来れば逆転もありうる。
期待度:★★★★☆4

フレイムコード

前走中山牝馬Sでは道中捲って先頭に立ち、見せ場は作ったものの0.3差の9着、評価が難しい。いつもは先行策でここ最近は結果を残せていなかったが、5走前の府中牝馬Sでは0.2差の2着だったりと軽視はしづらい。凡走しても好走しても不思議ではない馬。
期待度:★★★☆☆3

マコトブリジャール

重賞2走連続で1秒以上離されており実力不足感は否めない。3走前のOPカシオペアSでは3着だったが、出走馬はその後のレースでほとんど好走しておらずレースレベル自体も低かったと思われる。消しの一頭。
期待度:★☆☆☆☆1

ミナレット

ときおり逃げ・先行策で穴をあける馬。ここ2走は二桁着順&着差1秒以上で実力の程は言わずもがな。展開を味方に付けない限り連には絡めない馬なので当然の消し。
期待度:★☆☆☆☆1

メイショウスザンナ

出走馬中一番難解なのがこの馬。持ち味の末脚を発揮した好走レースを見ると地力はあるように思えるが、いつ走るかがわからない。古馬になって以降の好走レースは中山・福島コースがほとんどなので、人気していなくて穴党なら買うのもあり。
期待度:★★★☆☆3

リーサルウェポン

ここ2走は二桁着順もタイム差は0.5、0.8差なのでそこまで悲観的な内容ではない。3走前の愛知杯では2着と好走し株を上げたが、ハンデ50kgだったのが大きいように思えるのであまり評価は出来ない。買うにしてもヒモで押さえるレベルだろうか。
期待度:★★☆☆☆2
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE