富士ステークス 2016 出走馬全頭評価

富士ステークスの出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析・評価を行っていきます。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

富士S 出走各馬の能力分析・評価

ブラックムーン

前走1600万下条件戦で見せた上がり3F33.5の末脚は見事だったが、勝ちタイムが当日の他レースとの比較で考えると少し物足りない印象。3月のOP六甲Sではテイエムイナズマに競り負けている訳なので同程度の評価しか出来ない。
期待度:★★☆☆☆2

ダノンプラチナ

前走の京成杯AH(3着)はロードクエストに屈したもののトップハンデ58kgを背負い4kgの斤量差があった中、直線での伸びは引けを取らなかったように見えた。ポジションがロードクエストより後ろになってしまったことも大きかったと思うし、今回はハンデも1kg減となるわけだからいい勝負になるのではないだろうか。
期待度:★★★★★5

ヤングマンパワー

OP戦二連続2着後の二連勝の上がり馬。前走の関屋記念はマジックタイム相手にコチラが2kg負担重量が思い中、直線で差を詰めさせずに勝利で好タイムを叩き出した。ただ、当日はかなりの高速馬場だったので安易に評価しすぎるのは危険な気がしないでもない。
連勝中の勢いは無視できないし鞍上は戸崎だしで印を打たざるを得ない一頭ではあるが、どの程度の位置付けにすべきかの判断が難しい。
期待度:★★★★☆4

イスラボニータ

前走の安田記念では2着モーリスに0.1秒差の5着、昨年のマイルCSでも0.2秒差3着とマイル適正の高さは折り紙付き。3歳時のセントライト記念以来勝ちから遠ざかっているが、GⅠ馬の真価を発揮出来るのはこの舞台ではないだろうか。
58kgのトップハンデが若干心配だが、鞍上がGⅠ以外では信頼度の高いルメールに乗り替わりなので久々の勝利に期待したくなる。
期待度:★★★★★5

テイエムイナズマ

シャンプーハットのてつじが現役最強馬と言い続けている馬だが、OP戦で勝ったり負けたりの戦績では今回の豪華メンバー相手には役不足だろう。前走ポートアイランドS(3着)もトップハンデ58kgだったとは言え、メンバーを考えれば仮に勝っていても物足りないレベル。重賞では歯が立たないだろうと考えざるを得ない。
期待度:★★☆☆☆2

マイネルアウラート

人気薄でも時折好走してくれる馬券的には常に狙いたくなる馬。好走するタイミングが全く分からない掴みどころのない馬ではあるが、今年頭の東京新聞杯で11番人気3着と波乱を起こした時のように、前残りの展開になってくれれば十分チャンスはあると思っている。
期待度:★★★☆☆3

フルーキー

3歳時の菊花賞6着を除けば一度も掲示板を外していない堅実派で地力上位であろう一頭。今年に入ってからは中山記念でドゥラメンテに0.4秒差4着、エプソムCでルージュバックに0.4秒差2着と、一流馬相手に互角とまではいかずとも十分渡り合える力は示した結果に思える。
ただ、勝ち切るだけの切れ味がない馬である事は否定出来ないので買ってヒモまでだろうか。
期待度:★★★★☆4

ガリバルディ

前走の中京記念勝ち馬ではあるが、メンバーを見るとどう考えても低レベルレース。OP戦をすんなり勝ち上がれていなかったレベルの馬がたまたま運良く重賞を勝てただけだと思うので、人気するのであれば全く買う気は起きない。
加えて今回は2kgの負担増。ダノンプラチナと同じ負担重量で勝ち切る力があるとは正直思えず。鞍上福永は怖いが。
期待度:★★★☆☆3

ミュゼエイリアン

3歳時には毎日杯で本格化前のアンビシャスを下していたり、セントライト記念ではキタサンブラックに0.1秒差2着という実績が光る怖い存在。昨年の菊花賞以来のレースで休み明け&初の1600m戦もどうなのかという不安はあるが、スクリーンヒーロー産駒の1600m実績は悪くないので一発あっても不思議ではない。
期待度:★★★★☆4

ブラックスピネル

なぜかいつも人気しているが、どう贔屓目に見ても大したことのない馬。掲示板を外していない安定感が買われている印象だけど、どのレースも割と差を付けられており惜しくも何ともない。その負けた相手の戦績も大したことないところを見ると、この馬も大したことないと評価するのが普通だと思う。
無理矢理買う理由を与えるとすれば、強い三歳世代の一頭で54kgの軽ハンデで走れる事ぐらいだろう。
期待度:★★★☆☆3

ロードクエスト

1600mは4戦して3勝2着1回と抜群の実績。一度の2着もメジャーエンブレム相手に0.1秒差だった事を考えると大いに評価できる。今回もハンデは55kgと他の有力馬より2kg以上軽い負担で走れる訳なのだから余裕の連勝となっても何も驚かない。
そして、少頭数のレースである事もこの馬にとってはプラスではないかと思っている。馬群を割く手間も減るだろうし、外を回してもロスが小さくなるだろうからという単純な理由ではあるが。
期待度:★★★★★5

keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE