エプソムカップ 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

エプソムカップの出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

エプソムC 出走各馬の能力分析・評価

ラングレー

前走の都大路Sは前残りの展開だったと思え、それで0.2秒差の3着なら悪くない。そして前々走の洛陽Sでは直線で早々にエイシンブルズアイに捉えられたかと思いきや、競り合った後さらに伸び返して勝利するという強い内容。走破タイムも上がり3Fもこの日の他レースとの比較で馬場状況を考えるとかなり優秀だと思う。今回、一気に相手関係が強化されるが、一発あっても不思議ではない。
期待度:★★★★☆4

ステラウインド

前走はダート戦だったので無視するとして、前々走の大阪城Sは直線で馬群を割れずそのままズルズルで10着。0.4秒差だからそれほど悪くはないけどメンバーを考えるともうちょっと善戦してほしい所。4走前の中山金杯は同じようなポジションで競馬をした勝ち馬ヤマカツエースから0.4差の5着。展開は向いていたと思うのに粘りを感じられない。東京戦績が割と良いのは今回プラスだけど、3着内に絡むのは厳しそうだ。
期待度:★★☆☆☆2

マイネルホウオウ

時折穴をあける馬。今回がその時かは分からないが、実績馬が2頭以上いる時は安定して沈んでいるみたいなので軽視して良さそう。前走の谷川岳Sは3着だがメンバーを考えると勝っておきたいレベル。それ以前の好走はポートアイS。勝ち馬フルーキーから0.2秒差の2着という結果だけ見るとなかなかだが、そのフルーキーには直線で明らかな不利があった。実質はもっと離されていたと思われるし、他のメンバーもイマイチなのであまり評価出来ない。穴党なら買ってもいいかというレベル。
期待度:★★☆☆☆2

サトノギャラント

近走は一息な戦績だがこの馬も東京巧者っぽい。新潟大賞典7着・中山記念8着はポジションが後ろ過ぎたせいもあるかも知れないがあまりにも見せ場がない。追い込み一辺倒タイプにしては切れ味がなく掲示板確保も厳しそう。今回も出番は無さそうだ。
期待度:★★☆☆☆2

ヒストリカル

前走の新潟大賞典では本命に推したが12着と惨敗。その時の出走馬評価では「これまでは展開が向かなかった」とか書いたが、この馬の好走要因は他にあるような気がしてきた。仮に2000mという距離に壁があったとしたら今回は好走するタイミングかも知れない。アイルランドTで勝ってるけど相手が相手だし、重賞メンバー相手では2000mは長かった可能性は充分ある。
期待度:★★★★☆4

アルバートドック

前走マイラーズCは直線でフィエロに進路を塞がれた形になったが、最後は差を詰めての5着。なかなか強い印象を受けた。気掛かりなのは”左回り適正”。左回りコースの経験は前々走の中日新聞杯のみで結果は最下位。参考外として良さそうな内容だったが、あまりにもタイミングが良すぎる。一戦だけなので確証はないが、左回りで走る気をなくしたのであれば東京コースの今回は出番なしか。
期待度:★★★☆☆3

ロジチャリス

2連勝中の上がり馬。近二走を見る限りエンジンの掛かりは遅いが長く良い脚を使える印象。好位付けからの競馬ができる脚質も魅力である。前走メイS1着はタイムもなかなかだし、重賞戦線でも十分戦えるのではないだろうか。東京コース実績も1400mでの11着以外はオール三連対と全く崩れていない。三歳時のラジオNIKKEI賞以来の重賞挑戦となる今回だが、勝ち負けを争えるだけの力はあるように感じる。
期待度:★★★★☆4

エキストラエンド

マイラーズCの時にも書いたが、展開が向かないと連に絡めない印象がある。そのマイラーズCは9着止まりで明らかな力負けに写った。東京新聞杯2着もスマートレイアーが作ってくれた流れに上手く乗ってのごっつぁんゴール感は否めない。久々の1800mがどうかという心配もあるし、今回は見送ったほうが賢明か。
期待度:★★★☆☆3

アルマディヴァン

福島牝馬Sの出走馬情報でも書いたが、近走の成績はイマイチだがどのレースも着順ほどは負けておらず、どのタイミングでも逆転のチャンスはありそう。その福島牝馬Sではミナレットの出遅れによりオツウが楽に逃げた結果、完全なる前残り決着となり0.5秒差の9着。中山牝馬Sの様に先行策を打っていれば勝っていたのはこの馬だった(はず)。
逃げを打ってくれれば面白いことになると思うが、鞍上・藤岡佑介なので期待は出来ないか。
期待度:★★★☆☆3

エックスマーク

ここ2・3年で連に絡んだのは数回のみ、しかし二桁着順も僅かだけという何とも言えない戦績。そんなパンチの無さを示すかのような前走のメイS。先行馬には追いつけず、追い込んで来た馬にはスイスイかわされ、馬群からは付かず離れずな感じでの7着、ホントにパンチが無い。前々走の大阪城S6着は幾分マシに見えたが、今回のメンバーでは出番なしといった所か。
期待度:★★☆☆☆2

メイショウヤタロウ

前走ダービー卿CT9着を見る限り末脚のキレは大した事ない。前々走の小倉大賞典12着はインを突いたが前が開かずの結果なので参考外としても良さそう。そして3走前の小倉日経OP1着はスローな流れで溜めた脚が炸裂した印象。タイムは平凡なのでそこまで評価出来ないが、展開さえ向けばそれなりの脚は繰り出せる模様。今回は上がり勝負になればキレ負けするだろうし、厳しい流れになれば時計に対応できないだろうし、という訳で見送るのが賢明だと思われる。
期待度:★★☆☆☆2

レコンダイト

前走の目黒記念は馬群を割くのに時間がかかったがしぶとく伸びて4着。ヒットザターゲットと差のない競馬をした事は大いに評価出来る。前々走の中日新聞杯はスローからの上がり比べで3着。出走馬の評価で書いたように、高速時計に対応できるが上がり比べには向かないと思っていたが、意外な形で結果を残した辺り地力が思ったより高いのか?やはり取捨選択が難しい。
期待度:★★★☆☆3

マイネルミラノ

前走の新潟大賞典は厳しいラップを刻んだ割に5着と粘ったが、フルーキーから0.4秒離されているのでそこまで評価は出来ない。前々走の福島民報杯6着も似たような印象。今回もこの馬の単騎逃げとなりそうだが、思い切った大逃げを仕掛けたりしない限りは上位入選は厳しいだろう。
期待度:★★☆☆☆2

ナカヤマナイト

長期休み明け、まだ引退してなかったんだ。ほぼ一年前の前走・新潟大賞典はスローな流れからの上がり比べで2着。中山専用機だと思っていた馬の激走に驚いたが、こういう展開になれば今回も勝機はあるかも知れない。ただ繰り返すことになるが長期休み明け、過度の期待は禁物だろう。
期待度:★★☆☆☆2

ショウナンバッハ

以前の出走馬評価でも書いたが本当によく分からない馬。前走も例から外れず上がり最速33.9を記録するも9着、もう見飽きたわ!!今回は3歳時以来の1800mとなるが、母父バクシンオーだから距離短縮は歓迎であってほしい。これで激走したらなんでずっと中長距離を使い続けてきたのか疑問が残るが、距離短縮によるプラス補正があると踏んで買うのは面白いかもしれない。
期待度:★★★☆☆3

フルーキー

前走の新潟大賞典では勝ち馬から0.3差の2着も地力の高さは示した内容。負担重量は重いが、実績的にも実力最上位の一角であることは間違いない。東京コースは苦手という訳ではなさそうだが、展開や相手関係が上手く噛み合わず惜しい戦績。今回もどの馬かに足元を掬われるかもしれない。
期待度:★★★★★5

ダービーフィズ

条件戦ではあるが3勝を上げている東京コースが舞台。少しは上積みがあるかも知れない。とは言え近走の成績はいま一つで、前走の新潟大賞典8着もまるで見せ場なし。今回に直結するレースが見当たらないので評価が難しいが良くてヒモ止まりだと思う。
期待度:★★★☆☆3

ルージュバック

取り敢えずハンデ54kgは恵まれたと思う。前々走の中山牝馬S2着も2kgのハンデ差があっての結果だと思うし勝ちに等しい内容。前走のヴィクトリアM6着も上位三頭が強過ぎただけで、十分力は示した。フルーキー以外これと言ったライバルも居ないと思われる今回は楽勝してもおかしくないと思うが果たして・・・
期待度:★★★★★5
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE