【競馬】ディープインパクト産駒の特徴・適性

ディープインパクト産駒の特徴についての考察です。

過去の戦績データを基に、各適性(芝・ダート適性、重馬場適性、距離適性、etc.)について分析・評価しています。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

芝・ダート別データ傾向・分析

集計期間:2010/01/01~2016/10/30

1着2着3着着外合計勝率連対率複勝率
121510549126238941912.9%24.1%33.8%
10979367745187799413.7%25.4%35.1%
118118138105114258.3%16.6%26.2%

複勝率3割超えという優秀な数字からも分かるように、芝適性が高い事が分かる。そのため、多くの産駒が芝のレースを中心に使われている傾向にあるが、ダートでも複勝率25%超えと悪くはない。

※以降の戦績データでは、上記の芝・ダート全戦績における勝率~複勝率を基準値とし、これを上回る数値を赤字で、大きく下回る数値を青字で表記していきます。

馬場状態別データ傾向・分析

集計期間:2010/01/01~2016/10/30

1着2着3着着外合計勝率連対率複勝率
9077776534232656913.8%25.6%35.6%
稍重1271008461692713.7%24.5%33.5%
48412826237912.7%23.5%30.9%
不良151897711912.6%27.7%35.3%

数値的には良馬場の方が僅かながら優秀だが、不良馬場でも良の時とそこまで差はなく、連対率においては不良馬場の方が優秀な数字であることが分かる。以上のことから、良馬場の方が得意だが道悪もこなせると考えてよいだろう。

1着2着3着着外合計勝率連対率複勝率
8462816458729.6%16.7%26.0%
稍重1829271892636.8%17.9%28.1%
1113161351756.3%13.7%22.9%
不良51414821154.3%16.5%28.7%

芝コースの場合と比べて明確なデータ傾向は現れていない。勝率においては良馬場の数字が抜きん出て良く、連対率・複勝率においては全条件それほど差がないことから、良馬場の方が安定して走るがそこまで馬場状態にはこだわらないという程度の解釈でよいかと思われる。

スポンサードリンク

距離別データ傾向・分析

集計期間:2010/01/01~2016/10/30

1着2着3着着外合計勝率連対率複勝率
~1400m147135102915129911.3%21.7%29.6%
~1800m5724763912433387214.8%27.1%37.2%
~2200m3082522171416219314.0%25.5%35.4%
~2600m69655938557811.9%23.2%33.4%
2600m~18538521.9%17.3%26.9%

1400~2600mの数字が優秀で、マイル~中長距離の適性が高いと考えられる(2200~2600mの勝率・連対率はやや劣るが)。一方で2600m以上の長距離戦績は極端に数字が悪く、長距離適性は他産駒より劣ると言えるだろう。そして、1400m以下でも複勝率は3割弱と悪くないので、スプリント戦に対応できる馬もいる事は覚えておきたい。

1着2着3着着外合計勝率連対率複勝率
~1400m2531362933856.5%14.5%23.9%
~1800m8475806578969.4%17.7%26.7%
~2200m6917771095.5%13.8%29.4%
~2600m33524358.6%17.1%31.4%

勝率では1800~2200mの数字が一番悪くなっているが、それを除けば1400m以上の距離では安定した戦績を挙げており、複勝率においては距離が長くなるほど高くなっている。なのでダート戦においてはスプリント戦ではやや劣るが、それ以外の距離では安定して走ると考えられる。

競馬場別データ傾向・分析

集計期間:2011/01/01~2016/10/30

1着2着3着着外合計勝率連対率複勝率
東京205163139895140214.6%26.2%36.2%
中山109767051376814.2%24.1%33.2%
京都234194153943152415.4%28.1%38.1%
阪神197156135860134814.6%26.2%36.2%
中京71736242062611.3%23.0%32.9%
新潟77898049073610.5%22.6%33.4%
福島32313221831310.2%20.1%30.4%
小倉71733743461511.5%23.4%29.4%
札幌46292415725618.0%29.3%38.7%
函館2132241832608.1%20.4%29.6%

東京・京都・阪神・札幌が得意な傾向。中でも札幌の数字が抜群に良く、平坦コースへの適性が特に高いのではないかと考えられる。そして、福島・小倉・函館が苦手らしく、小回りや直線の短いコースでは苦戦する傾向にあるようだ。

1着2着3着着外合計勝率連対率複勝率
東京138121271608.1%13.1%20.6%
中山1416161141608.8%18.8%28.8%
京都1728341742536.7%17.8%31.2%
阪神1829251962686.7%17.5%26.9%
中京137151091449.0%13.9%24.3%
新潟89471928.7%18.5%22.8%
福島32313221831310.2%20.1%30.4%
小倉71733743461511.5%23.4%29.4%
札幌1145698912.4%16.9%22.5%
函館87963879.2%17.2%27.6%

芝と比較するとサンプル数が少ないため、明確なデータ傾向が現れていないようにも思えるが、芝では得意コースだった東京の数字が悪く、苦手コースだった福島・小倉の数字が良いなど、芝コースとは逆の傾向が見られる。得意不得意の差が少ないとも考えて良いのかも知れない。

ディープインパクト産駒の特徴と適性・まとめ

【芝・ダート適性】
・芝適性が高く、ダートになると見劣りする傾向。

【重馬場適性】
・道悪もこなすが、基本的に芝・ダート共に良馬場の方が得意。

【距離適性】
・マイル~中長距離の適性が高く、長距離では特に成績を落とす傾向。
・スプリント戦にも対応可。

【競馬場・コース適性】
・芝では東京・京都・阪神・札幌が得意で、福島・小倉・函館が苦手。
・ダートでは福島・小倉が得意で、東京が苦手だが、芝ほど顕著ではない。

keiba-baner

[PR]競馬データベース【KLAN】

管理人も使っている『競馬データベース【KLAN】』が便利なのでオススメしたいと思います。


とりあえず【KLAN】の内容を簡単に紹介すると、
1.独自のデータを含む競馬情報が無料!
2.膨大なデータから必要なものだけカスタマイズ!
3.予想印と予想メモが残せる機能で予想力アップ!
4.直接IPATでの馬券購入が可能に!予想から馬券までをフルサポート!

といった感じです。

『競馬場コースデータ』と『競走馬データ』が便利!

『競馬場コースデータ』と言うのはこんな感じ→京都・芝2000m(内)コースデータ
このページで過去5年の、枠番、脚質、単勝人気、種牡馬、騎手、調教師別の勝率や連対率、単・複回収値のデータを見ることが出来、予想に役立てています。個人的には種牡馬データを重視しています(^^)
また、レース条件別の平均ラップ構成も分かるので、予想にはあまり利用しませんが、レース回顧をする際には役に立つのではないかと思います。

そして『競走馬データ』はこんな感じ→ジュエラーの競走馬データ
この中で[レース条件別][コース条件別]の2項目を私はよく利用しています。
[レース条件別]では馬場状態や休み明けの成績が見ることが出来て非常に便利。
[コース条件別]では競馬場、距離、右・左回り、直線の坂の有無等の条件別での成績が見れてこれも役立ちます。

最終的に私が登録しようと決めたのは、予想印と予想メモを残せる機能があったから。
ブログをやっていることもあって、自分の予想を公開する時に便利だなと感じて【KLAN】に登録することを決めました。
ブログしていない人でも過去の予想を見返すのに便利だと思うので、無料登録しておいても損はないと思いますよ。

▼興味がある方は今すぐ無料登録!▼


コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE