【競馬】アルゼンチン共和国杯2016の出走馬全頭評価

アルゼンチン共和国杯の出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析・評価を行っていきます。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

アルバート

前々走の日経賞ではGⅠ級の馬たちを相手に4着と健闘したように2500m戦でも十分な力を示した。元々は2000m以下の距離を中心に使われていたが条件戦をなかなか勝ち上がれず、2400m戦を連勝した勢いそのままに昨年のステイヤーズSを圧勝したことで完全にステイヤー扱いされているが、2400m前後の距離経験が少ないので、長距離専用機と考えるのは早計だろう。今回ぐらいの距離の方が向いている可能性は十分あると思われ、前走・天皇賞春6着からの上積みも見込めるだろう。
期待度:★★★★☆4

ヴォルシェーブ

長期休養明けの1600万下条件で2着→1着と勢いを感じさせる馬。二戦ともタイムが少し平凡過ぎる印象で、対戦相手のその後の戦績も振るわないことから、レースレベルに疑問がある勝ち上がりである。
ただ、左回りコースでは5戦して(3-2-0-0)と、連対率100%という実績もあるので、人気薄なら積極的に買いたい一頭ではある。
期待度:★★★☆☆3

スポンサードリンク

クリールカイザー

今年に入って3着内ゼロと不振だったが、前走オールカマーは4着と健闘。それも勝ち馬ゴールドアクターから0.3秒差のものと、復調の兆しを見せつつあると考えてよさそう。二年前の本レースで2着したように、東京・芝2500mへの適性も問題ないだろう。
期待度:★★★☆☆3

コスモロビン

3年以上勝ち星とは無縁で3着内もゼロ、掲示板を確保できたのも3年前の本レース(4着)だけと、とおの昔に終わってしまった馬だと思う。なぜ未だに現役なのかはよく分からない。
期待度:★☆☆☆☆1

シュヴァルグラン

戦績を見る限り地力最上位はこの馬だろうか。前走の宝塚記念は9着だったが、直線でインに閉じ込められて力を出し切れなかったように見えるのでそこまで評価を下げる必要は無いだろう。今回は300mの距離延長で得意距離であると思うので前走からの上積みは十分期待出来る。不安要素は東京コースが初めてであることぐらいか。
期待度:★★★★★5

ショウナンバッハ

今年初戦のAJCC3着以降は7戦全て掲示板外と精彩を欠いている。しかし、前々走オールカマーではゴールドアクターから0.4秒差6着と悪くない結果だった。前走アイルランドTで12着だったように、後方からの末脚勝負一辺倒な脚質のため惨敗することが多いが、展開にハマリさえすれば上位入選も有り得るかも知れない。
期待度:★★☆☆☆2

トレジャーマップ

前走の1000万下条件は最後方から全頭を捲り切るという強い内容。ただ、勝ちタイムは平凡なのでそこまで評価は出来ない。
しかし、51kgの軽量ハンデと父ステゴ・母父マックイーンの黄金配合(と言うかゴールドシップの全弟)は魅力的。人気もしないだろうし、穴狙いで押さえておくのは面白そうだ。
期待度:★★☆☆☆2

フェイムゲーム

2年前の本レース勝ち馬なので東京・芝2500mのコース適性は十分。近二走は8着17着と大敗続きだが、前走の宝塚記念に関しては距離が短く適距離でない可能性が高いので度外視して良いと思う。今回はトップハンデだが、GⅡメンバー相手ならまだまだ戦えそうだし、鞍上が北村宏司に戻るのもプラスだと思うので、実績馬として力を見せてほしい所だ。
期待度:★★★★☆4

フェスティヴイェル

前走の1600万下条件戦を勝ち上がってきたが、前残りの展開が味方したように見えるし、勝ちタイムも同日同条件の未勝利戦とほとんど差がなく低レベルレースに思えてならない。デムーロの好騎乗あっての結果だと思うので、田中勝春への乗り替わりは大きなマイナス。相手関係が一気に強化される今回は掲示板に載ることすら難しそうだ。
期待度:★★☆☆☆2

プレストウィック

前走の丹頂Sは4着だったが、勝ち馬ヤマカツライデンから0.7秒離されてのものでそこまで評価出来ない。加えて、1,2着馬がその後京都大賞典で8,10着だったのを見ると、この馬も重賞メンバー相手に上位入選するのは厳しいだろう。
期待度:★★☆☆☆2

マイネルメダリスト

大した実績もないのに何故か重賞レースに出走し続けている馬。普通にOP戦使えばいいのに。2年前の目黒記念の勝ち馬なのでコース適性自体は悪くないのかも知れないが、その後14戦して掲示板を確保できたのはOP戦のメトロポリタンSと長距離重賞3戦のみ。前走オールカマーも全く見所なしの11着だったので、百万馬券を獲るつもりでない限りは買わない方がいいだろう。
期待度:★★☆☆☆2

ムスカテール

長期休養明けの叩き二戦目となる前走の新潟記念では勝ち馬アデイインザライフから0.3秒差7着と健闘。GⅢメンバー相手ならまだやれるかも知れないと思わせる内容だった。4年前の同レース2着、3年前の目黒記念1着という実績からも東京・芝2500mの適性は高いと思うので、三連系のヒモとして押さえておくのはアリだと思う。
期待度:★★★☆☆3

モンドインテロ

前走の札幌日経OPは1着。その時の4着馬ツクバアズマオーが次走オールカマーで3着だった事を考慮すると、レースレベル自体も決して低くはなかったと考えて良さそう。同条件となる前々走の目黒記念では勝ち馬から0.2秒差5着と評価できる内容で、コース適性も申し分ないだろう。全戦績を見ても、掲示板を外したのは4走前のダイヤモンドS(6着)のみと安定しているのも好印象。今回、重賞初制覇となっても不思議ではない。
期待度:★★★★☆4

レコンダイト

東京・芝2500mは3戦して2着,10着,4着と悪くない実績。その内、10着だった去年のアルゼンチン共和国杯は重馬場だったことや、4着だった3走前の目黒記念は勝ち馬クリプトグラムから0.2秒差だった事を考えると高い適性を持っていると考えて良いだろう。前走のアイルランドTは8着だったが、時折凡走するタイプだと思うので評価を下げる必要はないと思う。おそらく人気しないので馬券的にはオイシイ存在かもしれない。
期待度:★★★☆☆3

ワンアンドオンリー

3歳時の神戸新聞杯1着以降はドバイシーマクラシック3着を除くと一度も掲示板に載っていないのに、未だにそれなりに人気するため馬券的には全く旨味のない馬。前走のオールカマーは7着も0.4秒差と、若干だが復調したと捉えられなくもない。ただ、今回は58kgのトップハンデだが、それを跳ね除けるだけの地力があるようには思えない。
期待度:★★★☆☆3

keiba-baner

[PR]競馬データベース【KLAN】は便利!

管理人も使っている『競馬データベース【KLAN】』をオススメしたいと思います。


とりあえず【KLAN】の内容を簡単に紹介すると、
1.独自のデータを含む競馬情報が無料!
2.膨大なデータから必要なものだけカスタマイズ!
3.予想印と予想メモが残せる機能で予想力アップ!
4.直接IPATでの馬券購入が可能に!予想から馬券までをフルサポート!

といった感じです。

『競馬場コースデータ』と『競走馬データ』が使える!

『競馬場コースデータ』と言うのはこんな感じ→京都・芝2000m(内)コースデータ
このページで過去5年の、枠番、脚質、単勝人気、種牡馬、騎手、調教師別の勝率や連対率、単・複回収値のデータを見ることが出来、予想に役立てています。個人的には種牡馬データを重視しています(^^)
また、レース条件別の平均ラップ構成も分かるので、予想にはあまり利用しませんが、レース回顧をする際には役に立つのではないかと思います。

そして『競走馬データ』はこんな感じ→ジュエラーの競走馬データ
この中で[レース条件別][コース条件別]の2項目を私はよく利用しています。
[レース条件別]では馬場状態や休み明けの成績が見ることが出来て非常に便利。
[コース条件別]では競馬場、距離、右・左回り、直線の坂の有無等の条件別での成績が見れてこれも役立ちます。

最終的に私が登録しようと決めたのは、予想印と予想メモを残せる機能があったから。
ブログをやっていることもあって、自分の予想を公開する時に便利だなと感じて【KLAN】に登録することを決めました。
ブログしていない人でも過去の予想を見返すのに便利だと思うので、無料登録しておいても損はないと思いますよ。

▼興味がある方は今すぐ無料登録!▼


コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE