青葉賞 2016 出走馬情報 能力分析・評価

JRAロゴ

青葉賞の出走馬情報です。

出走馬全頭の能力分析と評価を行っていきます。

それではご覧下さい。

▼記事を読む前に1日1ポチ合計3ポチ▼

にほんブログ村 競馬ブログへ

▲毎日の応援が記事更新の励みになります▲

スポンサードリンク

青葉賞 出走各馬の能力分析・評価

アルカサル

2戦2勝馬。前走水仙賞では大外を捲り、ダントツの上がり最速34.7の脚を繰り出し快勝。タイムは平凡だが強い競馬だった。2戦続けて捲りの競馬をしており、今回もその戦法で行くのか見ものである。
期待度:★★★★☆4

ヴァンキッシュラン

前々走は2着に降着したものの、勝っていたとみなすと3連勝中。前走アザレア賞は強い内容だったしタイムも優秀。2着に下したジュンヴァルカンもその後500万下戦を勝ち上がっており評価したい一頭だ。
期待度:★★★★☆4

タンサンドール

ダートに転向して5戦目でようやく未勝利脱出。正直こういう馬はどう評価したいいいのかわからない。4戦目・芝2000mの未勝利戦は9着だったものの、敗因は内に包まれて行き場を無くしただけとハッキリしている。他のレースではしぶとい脚を見せており、それなりの力はありそうだ。積極的に買うことは出来ないが、一発穴を狙うならアリな一頭。
期待度:★★☆☆☆2

ドンチャブ

未勝利を勝ち上がってからは3戦続けて0.8秒以上差をつけられており評価は出来ない。前走水仙賞ではアルカサルとの力の差は明白。消しの一頭。
期待度:★☆☆☆☆1

ノーブルマーズ

展開のカギを握りそうな一頭。前走ゆきやなぎ賞はしぶとい脚を見せ逃げ切り勝ち。前々走のあすなろ賞・3走前の若駒SはそれぞれスプリングS覇者マウントロブソン・弥生賞覇者マカヒキに先着を許したものの見せ場十分。前に行く馬が少ない今回は楽に逃げることが出来るかも知れない。
期待度:★★★★☆4

フレンドミラクル

前走はダートから芝へ復帰しいきなり3着と好走。判断材料がこの一戦しか無いので難しい所だが、点数を絞れれば押さえてもいいかも知れない馬。
期待度:★★★☆☆3

プロディガルサン

前走の東スポ2歳Sではスマートオーディンに先着を許したものの見せ場たっぷりの2着。そのスマートオーディンは共同通信杯で謎の凡走を喫するも毎日杯勝利でそのマイナスイメージを払拭。2走前の芙蓉Sも最後まで良い脚を見せて勝ち切っているし、この馬も同等の力があると見た。
期待度:★★★★☆4

マイネルハニー

展開のカギを握りそうな一頭。逃げを決めたここ2走はかなり強い競馬をしている印象を受ける。3走前の若竹賞は出遅れが敗因の全てだし、今回すんなり逃げることが出来れば普通に勝ち負けに食い込めると思われる。
期待度:★★★★☆4

メートルダール

5戦オール三連帯と安定感バツグン。前走共同通信杯は大外を回して上がり2位の35.0で3着、2走前の京成杯も大外を回して上がり最速33.9で3着と切れる脚は持っている。この2戦は勝ちに等しい内容だったので、今回も同じ様な立ち回りを出来れば勝ち負けは十分ある。
期待度:★★★★★5

ラヴアンドポップ

前走すみれSは完全なる力負け、2走前のジュニアCもまるで良い所がなく、メンバー内の力関係では頭一つ劣る印象。切っていいと思われる。
期待度:★★☆☆☆2

レッドエルディスト

前走大寒桜賞は届かないと思われた差を上がり最速33.8の見事な末脚で追い上げての見事な勝利、着差以上に強い競馬だった。勝ち上がった未勝利戦の上位メンバーはその後順調に勝ち上がっており、それなりのレベルのレースであったと思われる。伸びしろはありそうだが取捨選択が難しい一頭。
期待度:★★★★☆4

レーヴァテイン

前走500万下戦で繰り出した上がり最速33.0の脚は驚異的。ヴァンキッシュランが2着降着となり1着に繰り上がり。どちらが上と見るかはかなり難しいが、東京2400mを一度使われているのも強み。新馬戦も圧勝しており、まだまだ底を見せていない実力上位の一角。
期待度:★★★★★5

ロスカボス

東スポ2歳Sは0.6差の8着、若駒Sは0.9差の6着と、これだけを見ると切って良さそう。しかし、前走すみれSは大外を回して上がり最速34.8の脚を繰り出し3着と侮れない。まぁ並程度の評価。
期待度:★★★☆☆3
keiba-baner

コメントを残す

1
サブコンテンツ

アーカイブ

現在のランキング

無料登録で買い目情報GET!

このページの先頭へ

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE